一眼レフカメラの時代は終わったのかな

ニコンが一眼レフカメラの開発を終了するニュースが入り、そろそろ一眼レフの時代は終わったのかなと思いました。これはニコンに限らず、キヤノンもその方向ではないだろうか。両社、既に生産を終えていて在庫限りなのかもしれない(既に生産終了がアナウンスされているレンズも多い)。

確かに、ミラーレス一眼カメラの売り上げが占める割合は既に一眼レフを超えており、今後は一眼レフの売り上げの割合が減少していくだろう。

各社改良により、概ね電池持ちを除けばAF・ファインダー・取り付けるレンズとタイムラグの少なさが実用的なレベルにまで達していると思ったりはします。

EOS_R6_Body_and_lens
EOS R6 + EF24-105mm F4-7.1 IS STM

ぼくも2021年にミラーレス一眼(35mmフルサイズ)を購入して普段の写真撮影に使っています。

実際のところ、ミラーレス一眼の方が機能面でも性能面でも一眼レフよりも優れていて、軽量化が一番大きいと思う。一眼レフと比べて部品の数が圧倒的に少なく、可動部品もシャッター幕くらいで、信頼性が高くなっていると感じます。そのためか、高速連写に対応できる機種が多いのでしょうか。操作性や機動性についても、一眼レフと比べて良いと感じさせます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

軽量化のため、絵文字はそのままで表示されます。そのため、OSやブラウザによってはレイアウトが崩れたり、豆腐文字が表示するかもしれません。