【ポケモンSM】手ぶれ大敵

ポケモンセンターで一夜を過ごした二人。。。

午前5時…

「おはよう!」

「お、おはよう…」

「まだ眠い?」

「いや、そうじゃなくて…」

以下略。

「とりあえず顔を洗おうか。」

「……」

シャバシャバ…

「顔洗った?」

「う、うん…」

「よう見たら、目ヤニ残っとるやん。今取るから絶対に動くな。」

「えええ??(呼び捨てかと思った)」

コリコリコリ…

「ようし、これでよし。」

「あ、ありがとう(目ヤニ…)」

その後、ポケモンセンターのカフェスペースで朝食をとり、ヨウ君はミックスオレとパンケーキを選んだ。

「おじさんは何にしたの?」

「モーモーミルクとパンケーキと砂糖漬けのアマカジかなこれ?」

「おじさんはポケモンを食べることに抵抗ある?」

「最初はあったけど、今はない。旨かったらそれでええ。さて、食べるぞ。いただきます!」

「お、おう。いただきます!」

………………10分後………………

「ごちそうさん。」

「ごちそうさま。」

「さて、準備できたし、そろそろ行こか。」

「そうだな。」

シェードジャングル前へ…

「次の試練はここかね?」

「多分そうだとおもう。」

シェードジャングル内部

「あら、お二人で試練に挑むのですか?」

東海道と「はい」

マオ「それではこのジャングルの中にあります、『ふっかつそう』と『ちいさなキノコ』と『マゴのみ』と『きせきのタネ』をこの袋に入れてください。」

「どうしよ?ぼくは『ふっかつそう』と『ちいさなキノコ』を取るから、ヨウ君は『マゴのみ』と『きせきのタネ』でええか。」

「そうだな。(というか、おじさんが試練に挑戦するって数々の試練達成してたのかよw)」

~試練開始~

20分後…

「薄暗い上、よく見ないと見つからんからな…ん?小さなきのこの隣に無駄にデカいキノコあるな…パラセクトか??こんなんバレバレやん…」と言いながら小さなきのこを取る。

更に3分後

「俺はムーランドがいるから楽勝楽勝。あったあった。マゴのみ発見!…あっ、ケララッパが飛び出してきた。」

更に30分後…

「ふっかつそう、ふっかつそう、草、草…薄暗い森の中やと、保護色やから、大変…」

「どこにあるんだ…あの岩の向こうにあったりして…」

更に3分後

「あったあった。マゴのみ!」

「どこやろ…」

更に5分後

「おじさん!拾ってきたよ!」

「お、もう見つかったんか。今ぼくはふっかつそう探してるんやけど…」

「それ、おじさんの真横にあるじゃん。」

「ええ?あ、あったわ。ヨウ君ありがとう。」

「いや、それほどでもw戻ろうか。」

とりあえず、マオの居るところへ戻ることに。

「これをすりつぶせばええの?」

マオ「そうです!」

ゴリゴリゴリゴリ…

東海道と「くっさ」

マオ「来ましたよ。主が。主ポケモン、ラランテス参上!」

「来たか…ダブルでいこか。」

「うん!」

「ゆけっ!ケララッパ!」

「出てこいレントラー!こっちは重点的に仲間を攻撃する。ヨウ君は主を重点的に攻撃を。」

「ええ?そっち…(おじさんのポケモン強いのになんで…)」

そのこともあってか、主との戦いは苦戦する。

「つ、強すぎる…おじさん、俺のポケモン全滅…」

「もういない?」

「うん…」

「レントラー!かみ砕くだ!」

ガツガツ…

「おお!勝った!やっぱり最初からおじさんが攻撃してくれたらよかったのに。」

「ふっ…b」

マオ「二人の戦い、とても良かったですよ。ではこのZパワーを…」

東海道と「ありがとうございます!」

~試練達成~

その後、ククイ博士と出会い、技マシンを入手したのであった。

ククイ博士「その方は?」

「摂津という別空間からきたトレーナーさん。」

「初めまして、摂津からやってきました、東海道です。」(トレーナーカードを見せる)

ククイ博士「あ…はい、こちらこそ、よろしくっ!(トレーナーカードにはシンオウって書いてあるけど、どうなってるんだ?)」

「ヨウ君、ここにはポケモン多いから、撮影しに行こか。」

「うん。おじさんは一眼使うの?終わったら、俺にも貸して?」

「ええよ。」

昼間とはいえ、ジャングルの中は暗いため、シャッタースピードが遅くなってしまう。

「何枚か撮ったで」

「見せて!」

「おお!いいね!俺がポケファインダーで撮った奴、全部ブレてる…」

「こればかりはしゃーない。見るからに持ちにくそうやし、ぼくのもブレてるの、いくつかあるわ。」

「暗いと、どうしてそうなるの?」

「シャッタースピードを落とさないと光を取り込めないから。」

「なるほど。でも、おじさんのは暗くてもブレないの?」

「光を捉える感度とこのレンズの手ぶれ補正機能のおかげ。カメラ本体の通常感度を100として6400までは自動、手動なら16000まで設定でき、レンズには手ぶれ補正がある。それを組み合わせることで手ブレの影響を軽減できるんや。」

「ただ、感度を上げればその分ノイズが増えるから、注意せんと。」

「へ~。カメラって難しい。そうそう、俺にも貸して?」

「ああ、すっかり忘れてたwはい、どうぞ。」

「ありがとう!」

2時間後

「おじさん、たくさん撮ったよ!」

「どれどれ…」

「やけに白飛びしてんな。」

「いや、俺は何もしてない。」

「壊れたんじゃなくて、設定がおかしいだけ。こんな明るいのに感度12800にしたらそうなるわ。」

「ああ、感度が高いと手ぶれしないって言ってたからつい…」

「ヨウ君、逆に明るいなら感度は低めにする。通常は自動でええと思うけど。」

「ああ、なるほど…やっぱり難しい。」

「そうやって使い方をマスターする。これは島巡りでも同じ事を言えると思うで。」

「そ、そうだな。」

続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.