M2 MacBook Proを購入

サブ機としてMacBook Pro 2019(以下、旧機)を使用していましたが、先月にApple M2を搭載したMacBook Proを購入しました。

MacBook Pro(2022)
MacBook Pro(2022)

構成は次の通り

SoC Apple M2 8コア GPU 10コア
メモリ(LPDDR5-6400) 16GB(8GBx2)
ストレージ 512GB
スペースグレイ

2020年にAppleがIntel製CPUから自社開発のARM64 SoC、Apple M1に切り替えたのは記憶に新しいかと思われます。今回、8月に購入したのはApple M2のMacBook Proです。実は同じ構成のAirと比べて2,000円ほど安かったため、こちらにしたというのもあります。まあ、冷却ファンがあるというのもパフォーマンス面を考えたらそちらの方が良いかもしれませんw

キーボードはMagic Keyboardとなり、打鍵音が静かになったと感じられます。TouchBarは健在ですが、Escキーが物理キーになったのは助かります。

使用してみた

使ってみなければ書いた意味ないので、使ってみた感想。

一番思ったのは発熱が少ないこと。ブラウジングから高負荷作業まであまり発熱しません。

IntelのCPUはやはり製造プロセスの微細化が遅れているということもあったのか、特に高負荷作業をする際に発熱がすごかった。

発熱が少ないということは省エネで電池持ちも良くなるということになります。

性能についてRAW現像ですが、旧機は1枚あたり5秒ほどで連続で現像すると発熱で冷却ファンがうるさかったのですが、M2は1枚あたり3秒ほどで現像してくれました。連続80枚現像しても少しだけ発熱する程度にとどまりました。プロセッサの違いでこんなに違うんだなと感じました。

ただ、IntelからARM64への移行によりWindowsがインストールができなくなったことが欠点かもしれません。ただ、仮想マシンによるインストール・起動ができるためある程度は使用できるみたいですが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

軽量化のため、絵文字はそのままで表示されます。そのため、OSやブラウザによってはレイアウトが崩れたり、豆腐文字が表示するかもしれません。