BVE路線データ作成に4Kビデオカメラ

最近は4Kのビデオカメラがまだまだ高価だけどBVE路線データを制作するにはいいかも。4Kの前面展望動画を撮り続ければその映像内の建物などを切り抜いて何枚も重ねてやれば架線など障害物が気にならないストラクチャーが作れそうな気もする。

ぼくも一応、スマホのカメラが4K対応なので撮ろうと思えば可能なんだけど、容量が少ないので、あまり長い時間撮れないんですよね。試しに東海道本線 菊川→金谷間を撮影しましたが30pで8分の動画に対してサイズは2.8GBもある。これに関しては低FPSで多少は軽減できるかもしれない。

100Mbps(12.5MB/s)とすると、64GBのSDXCまたはコンパクトフラッシュに記録しても約90分か…64GBのメモリーカードとなれば大体5千円くらい。これを東海道本線全区間(神戸→東京)を撮影したとすれば神戸から東京までは在来線乗り継ぎでおよそ11時間かかるので、(11時間×60)÷90分 ≒7.3枚 小数点切り上げで8枚。しかし、iPhoneのようなメモリー内蔵タイプなら無理だ。アンドロイドのようなスマホなら可能でもそれだけのマイクロSD用意するのは大変だ。さらに電池消耗がネックになるので、超高容量モバイルバッテリーを用意したとしても一度に撮るには結構大変かも。メモリーカードは東芝の中華向け逆輸入品使えば保障はないけど安い(この前買ったときは3,500円くらいだった)から、それを使うのもいいかも。

なんでこの話題なのかというと、東海道本線(大阪→東京間)のBVE5路線データを作れないかなと思ってwその路線データを条件付きで改造可能にして配布できたら多種多様なダイヤが設定できて面白いかなと思ったので。

誰かが協力出来たらと思ったけど、無理だろうな。まあ、協力頂ける方がおられましたら、お問い合わせくださいwwwww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください