ぼくが政治の話題を取り上げなくなった理由

この前、ドナルド・トランプ氏が米大統領選で勝ち取ったということでこの記事を書いてみました。

今から2年前までは政治の話題を頻繁に取り上げてましたがそれ以後は殆ど取り上げなったのですが、というのもアレが立て続けに起ったことです。一つは外国人労働者の受け入れ問題というもの、そしてもう一つは自民党の選挙公約違反、この二つです。特に外国人労働者受け入れ問題がきっかけでぼくは「もうダメだ・・・」と、政治の話題をしなくなりました。

竹島の日の式典を政府主催でやるということやほぼ参加不可能なTPPの参加条件にしたことを公約にしてましたが結局どうだったか?竹島の日の式典をやるやると言いながら毎年毎年見送り、そしてTPPの参加条件無視して昨年大筋合意してしまう。この前衆院で可決してしまい、通す気満々だ。

政治の話題をしなくなった理由はそういうことです。

ただ、TPP脱退を主張してきたドナルド・トランプ氏が米大統領選で勝ち取ったため、今後はトランプ氏に期待するしかない。仮に米がTPP脱退すればその時点でTPPは発効できない。それでTPPが空中分解すればそれで一件落着。と言いたいが、まだ諦めてないのか今度は米抜きでもTPP発効するとか言い出してる。いや、真の狙いは中国や韓国を仲間に入れさせようとしているのかもしれない。。。

久々に政治の話題を書きましたが今後も多分やらないかもしれません。書くときは書くかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください