新型コロナウイルスで東京オリンピック中止の可能性について

千駄ヶ谷駅近くにある国立競技場
国立競技場(オリンピック期間中はオリンピックスタジアムとなる。)撮影データ:iPhone 11 1/122sec f/1.8 ISO-64 4.25mm 2019-12-23 07:27:30

本来なら今頃東京オリンピックの開催でかなり盛り上がっていたであろうこの時期。

だが、新型コロナウイルスで来年延期となり、来年までお預けとなった…というが、パンデミックで果たして来年の開催はできるのだろうか。「既に中止は決定済み」という噂も流れているが、来年のことを言うと鬼が笑う。なので、あまり言いたくはない。

しかし、以前、中止の噂が流れていることを執筆したが、現実味を帯びてきた感じがする。

ぼくの友人とその親が大阪府に本社を置く、某東京2020オリンピックスポンサーの企業に務めているのだが、友人と電話していたら、「社長がオリンピック延期で契約延長するか、すごい悩んでいた」と言ってましたからねぇ。

SARS-CoV-2のCG外観図
SARS-CoV-2のCG外観図(アメリカ疾病予防管理センター作成)

新型コロナウイルスは概ね東アジア各国はそれなりに押さえ込めたものの、オセアニアやアフリカがこれからピークになるのではないかと言われていますし、アメリカでの爆発的な感染、対応が恐らく最悪であろう、ブラジルでの感染爆発(「ただの風邪だ」と何もしなかったあの大統領もかかりましたよね…)等々、終息の見通しが全くない状況に本当にこの状況で開催を強行したら、それこそ3密になってヤバいことになりそうな感じ。ワクチンも全世界に行き渡らせるにも相当かかる。

ちなみに東京オリンピックは色んな分野のスポンサーが付いている。今回、延期で契約延長するかどうかというNHKのアンケート調査でも2/3の企業が検討中とのこと。

NHKは先月、東京大会の組織委員会と契約するスポンサー企業78社に対し、大会の延期を受けたアンケート調査を行い、57社から回答を得ました。

スポンサー企業の契約期間は、大会が行われる予定だったことし12月末までのため、まず、大会の延期で契約を延長するか聞きました。

すると、12%の企業が契約を「延長する」と答え、65%の企業が組織委員会とまだ具体的な協議をしていないなどとして契約を延長するか「決めていない」と答えました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200611/k10012467261000.html

実際のところ、開催されるかどうかも怪しい状況なので、慎重でなければならないのは仕方ないかもしれません。

開催出来なければ損失。開催して会場でクラスター発生すれば企業イメージ失墜のリスク。

それに新型コロナウイルスで経営が厳しくなっている企業も多く、追加費用を捻出できない企業も少なくない。ヘタしたら何社か契約打ち切るかもしれませんね…

ぼくは「開催できない」と予想するが、友人には「中止になる」とは言ってませんけどね。下手に言うと悲しいですからね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

軽量化のため、絵文字はそのままで表示されます。そのため、OSやブラウザによってはレイアウトが崩れたり、豆腐文字が表示するかもしれません。