マスコミに注目されるとダメだな…

1年延期となった東京オリンピック、メダルは過去最多となる中、なぜかマスコミに注目された選手って、メダルどころか結果が残せていないケースが多いような気がする…失礼かもしれないけど、むしろあまり聞いたことのない選手の方が結果を残せているような気がします。

実はこういうのって、よくあることなんですね。

大相撲でも若乃花と貴乃花、兄弟そろって横綱になったものの、横綱昇進後は怪我などで一度も優勝せずに引退した事例や、久々の日本出身横綱として期待されていた稀勢の里が初優勝と同時に横綱昇進し、昇進した場所で2場所連続優勝以後、怪我で一度も優勝できず、引退した事例。

高校野球でも早稲田実業高校の斎藤佑樹投手(現:北海道日本ハムファイターズ)がかなり注目されていて、2011年のドラフトでも注目されていたものの、成績が上げられず、むしろ先にプロ入りした対戦相手だった駒大苫小牧高校の田中将大投手の方が実績を重ね、成績も優秀だった事例。

他にも探せば色々あるかと思います。

マスコミに持ち上げられるとプレッシャーが重くのしかかるというのが心理的に働くのは仕方ないことだとは思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

軽量化のため、絵文字はそのままで表示されます。そのため、OSやブラウザによってはレイアウトが崩れたり、豆腐文字が表示するかもしれません。