国道166号 カントーアローラ線

国道166号 カントーアローラ線
海上区間:カントークチバシティ~アローラハウオリシティ、メレメレ海峡(1番道路~8番道路間)、アーカラ海峡(カンタイシティ)
起点:カントー地方 クチバシティ
経由:ハウオリシティ、1番道路、メレメレ海峡、8番道路、5番道路、カンタイシティ、アーカラ海峡、ポータウン付近
終点:アローラ地方 マリエシティ

国道166号はカントー地方とアローラ地方を結ぶ一般国道である。

概要

起点はカントー地方のクチバシティ(国道17号と重複)にある。この世に存在する国道としては最長となっている。但し、陸上区間はわずか1%未満ととても短い。

アローラ地方唯一の国道であるが、起点がカントー地方にある関係で100番台となっている。当初国道175号にする予定だったが、170番台はナナシマに割り当てられている関係で166(アローラ)号になったと言われている。なお、起点がカントー地方にありながら同地方では全区間が国道17号と重複するためか、同地方に国道166号の標識は設置されていない。但し、起点付近にあるディグダの穴には「国道166号で繋がるディグダの穴とディグダトンネル」とかかれた大理石製のモニュメントが設置されている。

沿線

コニコ口交差点 ※アローラ地方には観光客が多いのか、信号機にはアローラの言葉の表記(MANAWA KOENA UNUHI NEAIAEA)とカントー地方などから来た人のための表記(時差信号)がされるなどの配慮がなされている。(アローラ地方カンタイシティ)
  • クチバジム
  • ハウオリ港
  • シェードジャングル
  • ハノハノリゾート
  • コニコシティ
  • ポケモンリーグ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください