【ポケモンSM】カメラを手に島巡り 

この前の続きです。

お断り

キャラの設定はぼくの想像で決めたものです。苦手な方は閲覧しないようお願いします。

ヨウ君は最初の試練をクリアした。

「乙カレー。Zクリスタル取った瞬間を撮りたいからまだ取るなよ。」

「お、おう…」

「ええで」

「カシャッ」

「うん、ばっちり…って、おい…こんな時に限って電池切れかよorz」

「電池交換してみたけど、う~ん…ファイルが壊れてるみたいやから無理っぽい。ゴメン。」

「ま、まあ、俺は気にしないよ^^ ひとまず戻ろ。」

「ところでおじさんはどんなポケモン持ってるの?」

「すっかり忘れてたw今だすわ。」

「デデンネ以外全部見たことないw」

「あ、そうか。では、順番にミズゴロウ(Lv51)、ヌマクロー(Lv57)、デデンネ(Lv41)、レントラー(Lv67)、以上」

「かわいいポケモンが好きなの?」

「うん。言っとくけど、バトルはお断りな。手加減できないほど強いから」

(メレメレの花園)

 

「(まさか、ヨウ君…)あの…ほしぐもちゃんを見つけて欲しいのですが。」

 

「ほうほう。花畑やと探すの大変やろうから。ぼくも手伝うわ」

 

(30分後)

「いたいた、おーい、リーリエ!」

「あ、ありがとうございます。」

「さっきからなんやねんなこのポケモンは!しつこいっ!レントラー!10万ボルト!」

「^^;」

「^^; おーい、見つかったよー」

「え?見つかったか。よかったよかった。」

「まだ明るいから、ポケモンの写真撮影しようぜ」

「せやな。」

「お、いいね。ん?このレンズ、白い?」

「せやで、望遠レンズの色が白いのは太陽光の熱の影響を抑えるため。特にアローラみたいなところやと発揮すると思うで。(今まで気づかなかったのかよw)」

「なるほロ(あ、ロトムの口癖がうつったじゃないかw)」

「いいこと思いついた!ねえ、おじさん、おじさんの写真をアップしてもいいかな?」

「え…?ん…まあ、内緒にしてよ。ベストショットは第三者が撮ったものだと絶対バレるから、これでもええか?(若干白飛びしている写真)」

「うん、いいよ。内緒にしておくから…」

反応は…

「いいねが8630ついた!」

「おお、ということはぼくの腕前あるってことやな。」

「ま、まあな(汗」

「ヨウ君ももっと頑張れば確実に良い写真が撮れる。ぼくはそう確信するよ。」

「うん。次回撮影スポットがあったら、このカメラ貸してくれない?」

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

軽量化のため、絵文字はそのままで表示されます。そのため、OSやブラウザによってはレイアウトが崩れたり、豆腐文字が表示するかもしれません。