ヤングース奪還!ポータウンに突入!

長編創作のため、設定崩壊、刺激的な内容を含みますので、苦手な方の閲覧はご遠慮ください。

ポータウンの出入り口を東海道くんの馬鹿力で鍵を破壊し、突入した二人はポータウンに突入した。

14時15分 ポータウン

東海道「何が待ち構えているかは分からん。ここは気をつけんと…」

ヨウ
ヨウ「うん」

スカル団したっぱA「なにぃ?おまえら、しつこいなぁ!」

東海道「ああ!申し訳ないが、通してもらえんか?」

スカル団したっぱA「やだよバーカ」

すると、スカル団のしたっぱ2人はバリケードを建てる。

スカル団したっぱA「悔しかったら、超えてみろバーカw」

東海道「くっ…」

ヨウ
ヨウ(東海道くんの耳元で)「おじさん、ここなら行けそうやけど」→ある場所を指を指す

ヨウは生垣に穴が開いているのに気づき、そこなら通れるかもしれないことを伝えた。

東海道「おっ、ヨウ君有能w」

ヨウは穴が開いた生垣をくぐる。東海道くんはカメラバッグが引っかかって、くぐれなかったので…

東海道「ヨウ君、ちょっとこのカメラバッグええか?」

すると、東海道くんは7kgもあるカメラバッグを生垣の向こうにいるヨウに投げ入れ、ヨウは落とさず、キャッチした。

ヨウ
ヨウ「よいしょ…重い…」

東海道くんも穴が開いた生垣をくぐった。

東海道「ありがとうな、ヨウ君」

ヨウ
ヨウ「ええよそんくらい」→カメラバッグを渡す

ヨウはバリケードの前にいたしたっぱらに声をかけた。

ヨウ
ヨウ「そんなことしても無駄やであんた」

スカル団したっぱA「!?おまえら…」
スカル団したっぱB「しつこいなぁ!」

すると勝負を仕掛けてくるも…

東海道「翼を打て!」


ヨウ「熱湯や!」

イトマル「(ぎゃああああああ…)」
ベトベター(アローラ)「(ぎゃああああああ…)」

あっけなく勝利w

スカル団したっぱA「甘く見たわ…」

東海道「行こ。」

ヨウ
ヨウ「うん、でも…寒なってきた…」

東海道「だから言うたやろ…雨具着た方がええって。とりあえず、そこにポケモンセンターみたいなんがあるから、そこで着替えよ」

ヨウ
ヨウ「ああ…」

二人はポケモンセンターみたいな建物に入った。

東海道「廃墟やん」

ヨウ
ヨウ「ちょっと、着替えるから、俺のバッグからシャツとズボンとパンツ、取り出してくれる?」

東海道「ああ、わかった。」

着替え中…

スカル団したっぱ「このガキ、こんな所で着替えてて、可愛いのぶら下げてるわwwww」

ヨウ
ヨウ「おじさん、パンツ……(恥ずかしいとこ見られるのいやや…)」←着衣なし

スカル団したっぱ「しかも、パンツ、染み付いてるwww」

東海道「ほら、パンツ。」

ヨウ
ヨウ「あ…(あー恥ずかし…)」←すぐ履いた

スカル団のしたっぱにからかわれながらも、ヨウは着替えた。すると東海道くんは常備していたゴミ袋を取り出し、ヨウの服などを入れる。

東海道「もう、ええな。」

ヨウ
ヨウ「おじさん、それ捨てないでよ」

東海道「分かってるわwなあヨウ君、動きづらくても、雨具着ようよ」

ヨウ
ヨウ「うん…」

東海道「さて、ポケモンの状態はどうなん?」

ヨウ
ヨウ「今のとこは大丈夫やし、ええわ」

スカル団したっぱ「チッ!」

ヨウは雨具を着て、再出発する。

東海道「スカル団のしたっぱがぎょうさんおるけど、ぼくがおるから、大丈夫や」

ヨウ
ヨウ「うん!」

こうして二人はスカル団のしたっぱを倒しながら、奥にある屋敷までたどり着いた。

ヨウ
ヨウ「ここか。スカル団のアジトは」

東海道「そんな感じやな…突入するで!」

次のページ→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください