ヨウ君ら、広島行く(移動編)

ヨウ君とハウ君がアローラ地方から大阪へやってきて、3日後…

東海道くんの家


ヨウ「おじさん、近くばかりじゃなくてもっと遠くに行きたい」

東海道「ああ、そういやこの日のためにぼくの母が青春18きっぷ買ってくれたはず…」

東海道くんの机の引き出しを開く

東海道「あったあった」

青春18きっぷ2枚


ハウ「青春18きっぷってなにー?」

東海道「これは普通列車が乗り放題となる期間限定のきっぷや。」


ヨウ「これで何処までいけるん?」

東海道「理論上は約1,500kmまで乗れるがそこまで行くのは難しい」


ハウ「でも乗り放題ってすごいねー」

東海道くんは青春18きっぷの下にある何かを見つける

東海道「ん?広島1泊3人?予約してくれたみたいや」


ヨウ「それって?」

東海道「ああ、明後日出発でええか?」


ハウ「おれはいいよー」


ヨウ「ヒロシマってどんなとこだろ」

東海道「ん?青春18きっぷで三原から広島までは新幹線に乗れる?」


ヨウ「?」

東海道「普段は乗れないみたいやけど、山陽本線の一部区間で色々あったみたいで…」


ヨウ「あ…」

東海道「広島はかなり距離あるから6時出発がええかな」


ヨウ「広島に着くのは何時くらいなん?」

東海道「13時には着くと思うが、途中の三原駅で接続がうまくいくかは知らん」


ヨウ「そっか…」


ハウ「でもおもしろそーだよねー」

東海道くんは急遽広島行きのプランを組むことになった

2日後の午前5時

東海道「起きろ!」


ヨウ「ん……」


ハウ「ん……」

東海道「さ、準備しよ」

3人は準備を着々と進めた。

東海道「青春18きっぷ持ったな?」


ヨウ「うん!」


ハウ「おっちゃん、おれのはおっちゃんがもってほしいなー」

東海道「なんでや」


ヨウ「ハウはそういう管理が苦手なんだ」

東海道「そうなん?無くすと大変なことになるからぼくが預かっておくわ。必要なときに渡すわ」

6時出発

3人は家を出発した。


ハウ「あつーい」

東海道「駅まで歩こうか」


ハウ「駅までどれくらいあるの…」

東海道「大体10分くらい」


ハウ「朝なのに暑いねー…」


ヨウ「うん…大阪の暑さは色々あって暑いみたい…」

ジジジジジジジジジジジジジジジジジジ…


ヨウ「なんかうるさい」

東海道「夏の風物詩」


ハウ「なにそれー?」

東海道「セミという生き物」


ヨウ「へーw」

東海道「この時期に大量発生してどこ行ってもセミの鳴き声が響き渡る」


ハウ「すごいねー」

東海道「8月下旬頃になるとほとんどが死んでしまうけどな」


ヨウ「なるほど」

この後、駅に到着し、駅の売店で飲み物を買った。

東海道「青春18きっぷは自動改札機使えないから、駅員さんがおる方の改札を通る必要がある」


ハウ「めんどくさいなー」

東海道「5人で5回分使ったりできるから自動改札機では対応できない」


ヨウ「たしかに1枚に5回分あるからそう言った使い方もできるんだ」

東海道「使い始めるときは駅員さんに差し出してスタンプを押してもらう」

東海道「お願いします。」

東海道くんは駅員に青春18きっぷをハウのも同時に差し出す

駅員「えっと、どっちを2回分に…?」


ヨウ「これですよね」

ヨウも青春18きっぷを駅員に差し出す

駅員「あ、それぞれ1回分押させて頂きますね」

押してもらった

駅員「いってらっしゃいませ!」

東海道「ありがとうね」


ハウ「ありがとー」

東海道「大阪駅まで乗って新快速に乗り換えるから」

3人はひとまず大阪駅まで普通西明石行きで行くことにした。


ハウ「あーすずしー!」


ヨウ「ちょっと寒いかもw」

大阪駅に到着


ハウ「あらよっと!」

大阪駅


ヨウ「大阪駅はデカいし、きれいだなー」


ハウ「ホームがたくさんあるねー」

東海道「だろ?」


ハウ「まわりの風景もビルが建ち並んでて都会だなーと思うよ」


ヨウ「恐ろしいほど都会でちょっと怖いかもw」


ハウ「ヨウが居てたカントー地方って都会だよねー?」


ヨウ「いや、都会でもこんな都会じゃない。大阪が桁違い過ぎてw」

323系


ヨウ「それにしても暑いw」

東海道「そのために飲み物買ったやろ?」


ハウ「そうだったねー」


ヨウ「おじさん、どこまで乗るん?」

東海道「姫路まで乗るで」

待つこと4分…

アナウンス「まもなく、4番のりばに新快速姫路行きが12両でまいります。危ないですから黄色い点字ブロックまでお下がりください。4番のりばに電車がまいります。ご注意ください。」

♪~♪~♪~♪~♪~♪~


ハウ「来るみたいだよ」

225系新快速姫路行き


ヨウ「きたきた」


ハウ「ひめじ行きだってー」


ヨウ「終点まで乗るん?」

東海道「そうそう」

3人は姫路行きに乗り、3人とも運転室付近にかぶりついた

姫路行き出発


ヨウ「すごいスピードで川を通過してるw」


ハウ「これだけ速いと気分良いよねー」

東海道「もっと速い区間はこの先あるで

ハウは車窓をヨウは運転台からの景色を楽しんでいた。

甲子園口駅付近(武庫川)通過中…

甲子園口駅付近


ハウ「むこがわー」


ヨウ「このあたりは住宅街かな?」

東海道「そうそう。この一帯は甲子園といい、非常に整備された宅地造成された区画や。先に見える駅は甲子園口駅や」


ヨウ「え?甲子園って、野球場のことじゃなかったん?」

東海道「いや、そうでもない。甲子園球場は甲子園と言われているから」


ヨウ「なるほど」

東海道「ちなみに甲子園口駅から甲子園球場までは3km離れていて、甲子園球場へ行くときは間違ってもJRで行ってはならない」


ヨウ「お、おう…」

三人が乗った三ノ宮駅に到着する。

三ノ宮駅から見える車窓


ヨウ「お、三ノ宮は落ち着いた風景だw」

東海道「神戸の代表駅やな。三ノ宮の次の次にある神戸駅よりこっちの方がデカい」


ハウ「なるほどー」


ヨウ「乗客も半分くらい降りてったしw」

神戸駅到着前

東海道「神戸駅から山陽本線や」


ヨウ「え?」

東海道「東京駅から神戸駅までが東海道本線で神戸駅からは山陽本線や」


ヨウ「え、この線路は東京駅まで繋がってるん?(俺の名前がはいった路線とかw)」

東海道「というか、路線そのものが東京駅まである」


ハウ「へーすごいねー」

東海道「ただ、営業上は姫路駅まではJR神戸線やな」


ヨウ「どこまで繋がってるんだろう…」

東海道「山陽本線はここから約530km先にある下関駅から海底トンネルを通った先にある門司駅までや」


ハウ「へーでもそこまではいけないよねー」

東海道「距離あるから無理w」


ヨウ「その地域にある最大都市の名前が付いた駅名って賑やかだったりするけど、神戸駅はなんかショボいw」

東海道「うん」

引き続き乗り続ける3人


ハウ「さっきまで左端っこだったのにいつの間にか右側走ってるー」


ヨウ「途中からトンネルくぐってああなったよ」

東海道「須磨駅を通過すると絶景が見えるよ」

須磨駅付近


ハウ「かすんでるけど、海がみえる~w」


ヨウ「かすんでなかったらリッチな風景が見えそうw」

東海道「天気が良かったら淡路島が見えるけど、ちょっと見えないかな…」

明石海峡大橋が見える


ハウ「なんか見えるーw」


ヨウ「イッシュ地方のスカイアローブリッジみたいなw」

東海道「アレより長いわ」


ハウ「それがあわじしまと繋がってるんだっけー?」

東海道「うんうん、明石海峡大橋いうて総工費5,000億円、全長3911mの巨大な吊橋なんや」


ヨウ「これのおかげで淡路島に行きやすくなったとか?」

東海道「うんうん」


ハウ「へーwメレメレ島とアーカラ島もこんな橋で繋がってたらなー」


ヨウ「あったら便利だと思う(けど、アローラ地方にそんな財政力あるのかな?)」

車窓から見える淡路島


ハウ「メレメレ島とアーカラ島くらい離れてるねー」


ヨウ「……」←メレメレ島とアーカラ島に橋を架けた風景を想像中…

東海道「なんか考え事?」


ヨウ「いやなんでもw」

西明石駅に到着

上り快速列車到着待ちのため、停車していた。


ハウ「上はなにが通ってるんだろー?」

東海道「山陽新幹線や。あれは博多まであるわ」


ヨウ「新幹線の線路はどこまで繋がってるんだっけ?」

東海道「線路は上りは東京駅までで下りは鹿児島中央駅までや」


ハウ「おれたちに、かごしまちゅーおーと言われてもどこにあるのか分からないよー?」

東海道「まあ、こっから850km離れたとこだとは言っておく」


ヨウ「さすがそれを普通列車だけで1日ではいけないよね?」

東海道「うん。それに一部区間で使えない区間があるし」

対向列車が到着し、信号が変わった

東海道「そろそろ出発や」


ヨウ「いよいよだね」

その後、西明石駅を出発した。


ハウ「左にあった線路が全部なくなってるー」


ヨウ「ほんとだw」

東海道「普通列車はここまでや」


ヨウ「へー」

加古川駅

加古川駅


ハウ「次で降りるんだっけー?」

東海道「うん。とはいうけど10分位かかるから、準備はゆっくりでええよ」

3人はゆっくりと準備をした。

姫路駅到着前

御着駅付近の市川


ヨウ「あれが新幹線?」

東海道「うん。速いやろ」


ハウ「途中からそれに乗るんだよねー?」

東海道「うん。さて、そろそろ降りる準備を」

3人が乗った列車は姫路駅に到着した。


ハウ「あらよっと」

姫路駅


ハウ「速かったねー」

姫路駅駅名標


ヨウ「次はどれに乗るの?」

東海道「同じ乗り場に到着する播州赤穂行きに乗って相生駅で降りるよ」


ヨウ「その播州赤穂行きってどこへつながってるんだろう?」

東海道「あれは赤穂線いうて、山陽本線のバイパスみたいな路線」


ハウ「そうなんだー」

東海道「その分岐駅である相生駅で降りるから」


ヨウ「それにしても暑い…」


ハウ「なんでだろーね…アローラの暑さとは違うんだよねー…」


ヨウ「ジメジメした気持ち悪い暑さ」


ハウ「それだー」

東海道「あ、もうそろそろしたら来るよ」


ヨウ「飲み物飲んでおこ」→ゴクゴク


ハウ「おれもー」→ゴクゴク

アナウンス「まもなく、7番のりばに折り返し普通、播州赤穂行きが8両でまいります。危ないですから黄色い点字ブロックまでお下がりください。7番のりばに電車がまいります。ご注意ください。」

♪~♪~♪~


ヨウ「この接近チャイム、重厚感があるw」


ハウ「原曲は軽い曲なんだろーねw」

113系


ヨウ「え……」


ハウ「なんかひどいなー」


ヨウ「なんかこの強烈なカラーリング……」

東海道「うむ」

車内へ入った

113系車内


ヨウ「113系?の車内はいたって普通だな」


ハウ「あいおいで降りるんだよねー?」

東海道「そうだよ」


ヨウ「赤穂線は山陽本線のバイパスだから、播州赤穂で乗り換えても行けるよね?」

東海道「行けるけど、遅いし、時間かかるわ。」


ヨウ「そっかー」

そして、3人が乗った播州赤穂行きは相生駅に到着した。


ヨウ「それにしてもこの座席、いいな…」

相生駅

相生駅
相生駅


ハウ「あらよっと」

113系


ヨウ「次はどれに乗ればいいんだ?」

東海道「20分後に来る岡山行きに乗ろう」


ハウ「あれ、かみごおり行きだよねー」

東海道「うん。次の次の駅で折り返してしまうから、この次のに乗ろう」


ヨウ「赤穂線の方が早いんじゃないかなー」

東海道「あれは播州赤穂駅で50分くらい乗り換え待ちせんとアカンから。一旦改札の外に出よう」

3人は改札の外に出た。

ヨウは改札の外すぐにある運賃表を見つめた。

相生駅運賃表


ヨウ「すごい駅の数w」


ハウ「大阪までこんなに駅があるんだー」


ヨウ「すでに2,000円近く移動してるんだ」

東海道「いや、ヨウ君とハウ君の料金区分は子ども扱いで半額なんや」


ヨウ「え?」

東海道「青春18きっぷは子どもも同額の11,850円なんや。せやから片道なら大人の倍以上の距離を乗らなければ元が取れん」


ハウ「せーしゅん18きっぷって過酷だなー」


ヨウ「本来広島までどれ位かかるの?」

東海道「広島までなら5,620円、子どもなら半額の2,810円や」


ヨウ「つまり青春18きっぷ5回分11,850円を5で割って、1回当たり2,370円だとするとたった440円しか元が取れないってこと・・・?」

東海道「そうそう。場合によっては子ども運賃の方が安いかも」


ヨウ「あまり元取れなさそう…」

東海道「安心しろ。帰るときにも使うし、その次に東京行くときにも使うから。その時にはとっくに元取れてるから」


ハウ「そろそろおかやま行き来るみたいだよー」

東海道「あ、もうそんな時間か」

3人は再び相生駅の改札の中に入り、ホームで待つことに

アナウンス「まもなく、3番のりばに折り返し普通、岡山行きが7両でまいります。危ないですから黄色い点字ブロックまでお下がりください。3番のりばに電車がまいります。ご注意ください。」

♪~♪~♪~

115系岡山行き


ヨウ「相変わらずのカラーリングw」

3人は車内へ入った。

115系車内


ヨウ「このレトロ感がいい」

東海道「リニューアル前のオリジナル個体そのものがあまりないからラッキーかもw」


ヨウ「このレトロな座席の何か懐かしい感触…」


ハウ「何年前からあるんだろー」

東海道「115系は40年以上前からあるわ」


ヨウ「俺のママより長生きw」

3人は岡山行きに乗って岡山まで乗ることに

岡山行き出発


ヨウ「ただただ田園風景が広がる」

東海道「上郡過ぎると何もない」


ハウ「眠くなりそうーw」

三石駅

車掌「まもなく、三石、三石です。」


ヨウ「やっと着くんだ」

東海道「こっから岡山や」


ハウ「おかやまってどんなとこだろー」

東海道「大都会岡山。まあ、降りないけど」


ハウ「大都会ってイッシュ地方ー?」

東海道「いや、ジョウト地方くらいwなお、岡山は中国地方ともいう」


ヨウ「ふむふむ」

途中の駅からヨウとハウの空気がガラッと変わった。

幼女「アン〇ンマン列車!」

男の子「アン〇ンマン!」


ヨウ「え…」←そんなものはないためか、アン〇ンマンはシンナー乱用者のことかと思っている。


ハウ「おっちゃん、この世界の人はシンナー吸ってる人多いのー?」

東海道「いや…アン〇ンマンのアンパンは小豆という甘い豆をふかしたのをパンに詰め込んだパンのことや…子ども向けのアニメに出てくる正義の味方や」


ヨウ「へーそうだったんだw」

東海道「まあ、ヨウ君らには分からないことばかりやからしゃあないな」

上道駅

車掌「次は上道、上道です。」


ヨウ「ジョウト?」←上道をジョウトと聞き間違えている。

東海道「ちゃう、上道や」


ヨウ「あ、ジョウトウか…」

車掌「まもなく、上道、上道です。」

上道駅


ハウ「でも周りはジョウト地方っぽくないねーw」


ヨウ「うんw」

西河原・就実駅

東海道「西河原の次は岡山やから、降りる準備しよ」


ハウ「長い駅名だなー」


ヨウ「就実大学…?駅名に学校名が入ってるんだw」

東海道「ああ、そういう駅はいくつかあるわ」


ハウ「そのにしがわらしゅうじつを出たらおかやまだよねー?」

東海道「せやから、はよ準備しよって」

3人が乗った岡山行きは岡山駅に到着した

岡山駅

岡山駅駅名標


ハウ「あらよっと!」

岡山駅


ヨウ「次はどれに乗り換えるんだ?」

東海道「三原行きやけど、乗り換え待ち30分あるわ」


ハウ「その間、駅色々見ようよー」

3人は駅をぶらぶら歩いたり、飲み物を買ったりした。

東海道「そろそろやな」

3人はホームへ行き、停車中の三原行きに乗った。

三原行き

115系車内


ヨウ「このタイプの座席…長時間座ってても疲れないシート…」


ハウ「こういうタイプの座席っていいよねー」

東海道「ぼくもこういうの好きや」

ヨウは運転室付近にかぶりついた


ヨウ「……(内装はきれいでも運転室はいろんなものが付いているw)」

東海道「ほんまヨウ君かわええわ」

このままハウと東海道くんは座席に座り、ヨウはずっと運転室にかぶりついて展望を楽しんでいた。


ヨウ「……(倉敷きれいな町並みやな…)」


ヨウ「……(あ、ここから広島県になるんだ)」


ヨウ「……(福山駅の上はなんだろう)」


ヨウ「……(向島は造船所がたくさんあるなー)」

そして、三原駅に到着した。

三原駅


ハウ「あらよっと!」


ヨウ「三原駅より向こうは運行されていないな」

東海道「あっちの新幹線が運行しているからそれに乗って行けるみたい」


ヨウ「青春18きっぷでは乗れないけど」

東海道「特例らしいよ」


ハウ「しんかんせんもおもしろそーだなー」

3人は新幹線乗換口へ行った。

東海道「おねがいします…」→東海道くんとハウの青春18きっぷを駅員に提示する

駅員「こちらを降車駅でお渡しください」→振替票を受け取る。


ヨウ「おねがいします…」→青春18きっぷを駅員に提示する。

駅員「こちらを降車駅でお渡しください」→振替票を受け取る。


ハウ「通れたねーw」


ヨウ「あっさりw」

三原駅改札内


ヨウ「なにか昔っぽい空気がしてくるw」


ハウ「ねー」

3人は新幹線ホームへ上った

三原駅新幹線ホーム


ハウ「新幹線来ないかなー」

10秒後…

N700A系のぞみ

ゴオオオオオ!!!


ハウ「わー!!はやーい!!」


ヨウ「速いww」

東海道「速いよw時速300キロ」


ヨウ「時速300キロでも十分速いよ」


ハウ「へー早く来ないかなー」(ワクワク)

♪~


ハウ「あ!」

アナウンス「新幹線をご利用くださいまして、ありがとうございます。まもなく6番のりばにこだま741号、博多行きが到着いたします。」


ハウ「来た!」

500系こだま


ヨウ「なんだこれはwwwww」


ハウ「ピンク色してるーw」

東海道「あ、これは期間限定で運転してるのや」


ヨウ「なにそれ?」

東海道「実は500系はこだま運用に就いてからは人気あるキャラクターとタイアップして期間限定で運行してるんや」


ハウ「へーそのキャラクターかわいいねー」


ヨウ「うんうんw」

誰もハローキティ新幹線が来るとは思わなかった。

500系こだま


ヨウ「ツツケラのようなするどく尖った先頭車両の美しいフォルムw」

東海道「500系はツツケラのような形にすることで空気抵抗を減らして時速300キロを実現したんや」


ヨウ「すごいねw」

東海道「そんな500系も21年前に運転開始した車両でかつては16両あって、最上位の種別であるのぞみとして、東京駅まで運行されていたけど、色々あって今では8両にして、こだまに格下げて山陽新幹線で運行されているわ」


ハウ「えーかっこいいフォルムなのにー?」


ヨウ「もしかして、需要に追いつかなかったとか?」

東海道「うん。まあ不動の人気もあってか、このように色々タイアップしているけどね」


ヨウ「なるほど」

通過待ちの500系ハローキティ新幹線を追い抜くN700系


ハウ「わー!!はやーい!!」

東海道「そろそろ乗るで」


ヨウ「うん」


ハウ「うんー!」

3人は500系(こだま741号)の最後尾に乗った。

500系のお子様向け運転台


ヨウ「なんか面白そうw」

東海道「のぞみ時代の500系の運転台を再現したのやな」

500系のお子様向け運転台

 


ヨウ「硬さが本物っぽくていい!」


ハウ「おれにもやらせてー」


ヨウ「うん」


ハウ「わーすごーいw」


ヨウ「装飾といい、これぞもてなす新幹線だw」

東海道「うんうん。」


ハウ「どこで降りるのー?」

東海道「次の次や」


ヨウ「え?すぐやん」

東海道「いや、26分かかるわ」


ハウ「なんだー」

3人が乗った500系が出発した

三原→広島移動中…

500系走行中


ハウ「はやいなー」


ヨウ「出発してそんな経ってないのにもうこんなに出てるんだ」

東海道「電車やから、加速もええんや」


ハウ「下走ってたら1時間くらいかかりそうー」


ヨウ「今回は乗れなくて残念だけど、新幹線もいいかもw」

東海道「うんうん」

そして、広島駅到着前…


ヨウ「もうそろそろかな?」

MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島が見える


ハウ「わーいろんなものがあるー」


ヨウ「野球場かな?」

東海道「うん。広島球場や」


ハウ「ここも野球盛んなんだねー」

東海道「うちは甲子園派やけどな」


ヨウ「あ…」

そして、3人が乗った新幹線は広島駅に到着した

♪~♪~(ドアチャイム)


ハウ「あらよっと!」

広島駅停車中のハローキティ新幹線


ヨウ「広島駅着いた~」


ハウ「うんー」

東海道「それじゃあ、改札まで行こか」

3人は改札まで階段で降りた

東海道「新幹線ホームの広島駅はあんま変わってないな」


ヨウ「え?行ったことあったん?」

東海道「だいぶ昔にね12年前」


ハウ「そうだったんだー」

3人は乗換口の有人改札を通った。


ヨウ「おねがいします。」→青春18きっぷを駅員に提示する

駅員「どうぞ!ご利用ありがとうございました!」

東海道「おねがいします…」→東海道くんとハウの青春18きっぷを駅員に提示する

駅員「ご利用ありがとうございました!」


ハウ「通れたねw」

東海道「駅も12年のうちに大分変わってるな…」


ヨウ「広島着いたけど、どこ見に行こ?」

東海道「ちょっと見苦しいとこやけど、ええかな?」


ヨウ「?」


ハウ「?」

続く

“ヨウ君ら、広島行く(移動編)” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください