【京都鉄道博物館】クハ103-1運転台

クハ103-1運転台

製造から廃車までの47年間運行していたクハ103-1の運転台です。半世紀余運行されてきたのか、ワイパーの電動化やATS-P表示器と切替スイッチなど時代に反映した機器が後付けされています。これらの機器がなかっただろう新製時を想像してみると今の223や225系みたいにスッキリしていたと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください