【ポケモンSM】ヨウ君、あっちの空間に興味津々

 

二次創作色が強いため、苦手な方は閲覧しないようお願いします。

二人は8番道路を突き進み、20時、8番道路のポケモンセンターに到着した。

「おじさんのポケモンは強いなぁ〜」

「そうかな?まあ、トレーナーとしての経験を持てば強くなれると思うで。」

「ところで、ミズゴロウに着けているこのリボンは?」

「これ?これはカントー最強とされるレッドというトレーナーに勝った時、レッドから貰ったリボン。」

「ほう…(誰?)」

「7、8年前だったか、だいぶ前にジョウトの知人に勧められて、シロガネ山の山頂まで登ってレッドと称するトレーナーと戦ったんやけど、無駄に無口で、感情なんぞ表に出さず、負けたら早々姿を消す、やけに不気味な奴やったな。」

「それって幽霊じゃないの?怖い話しないでよ(´;ω;`)」

「まあ、明らかに幽霊じゃなかったでw」

「(´;ω;`)」

「急に怖い話してスマン。とりあえず中へ入ろう!」

「うん…」

ジョーイさん「ポケモンをお預かりします。ポケモンたちが元気になりましたら、お知らせしますのでしばらくお待ちくださいませ。」

「おじさん!いっぱい移動したからここのカフェで一休みしよ!」

「せやな」

カフェスペースへ

マスター「いらっしゃい。何にしますか?」

MENU ALL:198円
・ミックスオレ
・モーモーミルク
・グランブルマウンテン

「オールいちきゅっぱ。ぼくはモーモーミルクでヨウ君は?」

「俺はミックスオレで」

マスター「はい。モーモーミルクとミックスオレですね。おまちどうさま。」

……(二人がテーブル席に座る)

「アローラの暑さはまだええわ」

「ええ?向こうの空間はすごく暑いの?」

「暑いでも夏になれば蒸し暑い日なんてほぼ毎日気温35度オーバー、湿度70%なんてザラ。下手すれば40度超えることも。」

「それはキツい。」

「それに比べてアローラは空気乾燥してるからまだええわ。」

「そういえばおじさんはあっちの空間から来たって言ってたけど、あっちの空間で撮ってきた写真とかある?」

「あるけど、見る?」

「是非是非」

「電車と塔?」

「これはな、新幹線言うて、最高速度285km/hという、あんたのポケモンライドのケンタロスの約4倍のスピードで大都市間を2時間半で結んでるんやで。もう一つ塔みたいなのは東寺というお寺なんや。ちなみにその奥にあるのは世界規模のゲーム会社、任天堂の本社。」

「ほお。(初耳。新幹線って、ヤマブキ~コガネ間のリニアモーターカーみたいなもの?)」

堺市駅で撮影
撮影データ:Canon EOS 7D Mark II 1/500sec f/5.6 ISO-500 300mm

「電車が行った後?それにしても自転車多いね。」

「ここは大阪言うて、元々自転車が多い地域やからな。」

「オオサカ…?」

「大阪のシンボル的なものいうとこれかな。」

「おお、下町感を感じる…」

「おお、レトロな建物!それに周りにある高層ビル、おじさんってすごい空間から来たんだね。」

「これは東京駅の駅舎なんや。」

「トウキョウ?」

「ぼくの空間にあるメガポリスなんやけどねw」

「なんか、イッシュ地方のヒウンシティみたいだね。ところで、俺に見せてくれた写真は一つだけ除いて全て鉄道物だけど、おじさんは鉄道が好きなの?」

「まあなw」

「でも、なんとなく行ってみたい感じがしてきたw」

「おお、そう思うか!島巡り終わったら行ってみる?」

「うんうん!約束だぞ!」

♪・♪・♪・(回復音)

アナウンス「摂津からお越しの東海道様、ハウオリからお越しの、ヨウ様。ポケモンが元気になりましたので、カウンターへお越しください。」

「お、もう終わったみたいw」

「ほな、いこか。」

ジョーイ「ポケモンが元気になりましたよ。」

「ありがとうね。」

「ありがとうございます。」

「今日はもう遅いから、ここで一泊するか。」

「そ、そうだな。明日に備えないとね。」

「この部屋でええんやな。」

ガチャガチャッ…

「一緒の部屋かよwしかもダブルベッドとかwww」

「まあええやんww今日は疲れたやろ…シャワーあるから、洗い流して寝よ。」

※その後どうなったかはご自身の判断でお願いします。

続く

One Reply to “【ポケモンSM】ヨウ君、あっちの空間に興味津々”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください