ヤングースを取り戻せ!

夕日

長編創作のため、設定崩壊、刺激的な内容を含みますので、苦手な方の閲覧はご遠慮ください。

跡地の試練を受けた二人はお話ししながら、エーテルハウスへ戻ろうとした…

某国看板アナウンサー「チョソンロドンダン腸向け…」←東海道くんのスマートフォンから

東海道「ほんま、このアナウンサーおもろいやろ?wwww」


ヨウ「うんwwww言ってる意味は分からんけど、何かわざとらしい所がおもろいww」

東海道「あれ、『偉大なる将軍様』とか言ってるらしいw」


ヨウ「まあ、その地区の人は笑えないんだろうけどw」

東海道「その地区のトップに少しでも不敬な行為をとれば死刑らしいわ」


ヨウ「お…おう…地区全体がキチ〇イとか、おじさんの空間にはあるんや…(こんなところに生まれなくて良かった…)」

東海道「ん?」

見知らぬ人と目が合う

プルメリ「お前らか」


ヨウ「だ…誰や?」

ヨウは問いかける。すると

プルメリ「ポータウンで待ってるから」


ヨウ「ポータウンって…?」

プルメリ「あたいらのアジトあるから、来い!」

プルメリは立ち去る。

東海道「お…おい!待て!………」

ヨウはエーテルハウスから聞こえる声で何かを察する。


ヨウ「ん?おじさん!エーテルハウスが騒がしい…」

東海道「またなんかやらかしたんか…」

二人はエーテルハウスへと入っていく


ヨウ「大丈夫か!」

しかしもう手遅れだった。ハウに噛みついていたヤンちゃんことヤングースが盗られてしまったという。ハウもショックを隠せなかった

東海道「おい、ハウ君…」

ハウはショックのあまり、何も言わない。二人はいきさつを聞いた

東海道「そういや、その連中の幹部級の奴がポータウンに来い!って言ってたな…」

アセロラ「そこに奴のアジトがあるんだよ!」


ヨウ「おじさん、そこ行って、ヤングースを取り戻しにいこか!」

東海道「ああ、ヤングースをトリモロス!」


ヨウ「……」

一同「……」

東海道「あ…」


ヨウ「ほんま、おじさんは周りの空気読めへんな…」

東海道「ごめん…つい…」

 


ヨウ「滑舌悪いフリして、ふざけんのもええ加減にせいや!?」

すると、ヨウは東海道くんの頭を思いっきり殴る。

げん
こつ


ヨウ「いたた…」←痛かった

東海道「………痛い…」


ヨウ「あ…大丈夫!?」

東海道「力加減考えろや…脳震盪起こさせる気か…」

アセロラ「ヨウさん…すごい力で殴ってたよ…東海道さん、大丈夫ですか?…」

ヨウは気まずい空気に包まれた…


ヨウ「あ……いたた…(この前もおじさんに注意されたばかりなんや…)」

東海道「ヨウ君はまだ成長段階なんやから、あんま、力ずくで殴ってたら、骨折するぞほんまに…」

ハウ君
ハウ「……(この二人で大丈夫かなー?)」←心配するハウ

ヨウと東海道くんの痛みが取れるまで20分かかった。


ヨウ「必ず取り戻すから!」

ヨウと東海道くんの二人はエーテルハウスを後にした。その際、ふしぎなアメを2個もらった。

東海道「あのさ…」


ヨウ「おじさん、思いっきり殴ってごめんな」

東海道「うん…ぼくは殴るの嫌やから、ヨウ君もお願いね」


ヨウ「うん」

次のページ→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください