エーテルパラダイスへ潜入!後編+東海道くんとUBとの関係…

長編創作のため、設定崩壊、刺激的な内容を含みますので、苦手な方の閲覧はご遠慮ください。

リーリエ奪還作戦のため、エーテル財団に潜入した四人はビッケさんと再会した。

ビッケ「ぼっちゃま。お久しぶりでございますね。」


ハウ「!?」

グラジオ「あ、リーリエのこと心当たりないか?」


ヨウ「あー眠い…」

東海道「ぼくだって眠いわ」


ハウ「おれもー…ファアアア…」

すでに2時を回っていた

グラジオ「代表ね…アアアアアアッ…」←あくび

東海道「ここで寝たら、どうなるかも分からんし。もうちょっと計画立ててから行動すべきだった」

グラジオ「まあな」

東海道「ここまで来た以上は行くしかないわな」


ヨウ「そうだな」

4人は眠くなるもエーテル財団の奥にある代表のところまで向おうとした。

東海道「あ、またあんたかい」

ザオボー「代表に会いたいのは分かっていたのです。」

すると、エーテル財団の職員がゾロゾロ出てくる


ヨウ「じゃあさっき、地下に行かせたんはこのためだったんか!??」


ハウ「それにしてもー数少なくない?」

ザオボー「……」

グラジオ「ヨウ、お前が行け」

東海道「アンタ、あんたの過失でほしぐもとリーリエがえらい目に遭ってんのに何も手助けもせんでよ、ヨウ君もぼくもハウ君も一生懸命やってんのに、ええかげんにせい!?」(強い口調でm9しながら)

グラジオ「うっ…わっ、わかったよ……」→ゴルバットを繰り出す


ヨウ「おう!」

職員と戦闘し、あっけなく勝利するヨウとグラジオ

ザオボー「え?ええ?あ、ありえないでしょう?こんなお子様に追い詰められるなんて…ええい!このわたくし、支部長 ザオボー!本気を見せましょう!マルチバトルですよ!」


ハウ「よーし、おれも本気を出してみせるー!」

その後、ヨウとハウは勝利した


ヨウ「よし!ドデカバシようやったわ!」


ハウ「カギちょうだい」

ニコニコのハウと睨む顔をするハウ以外の3人

ザオボー「……」

ザオボーはグラジオに鍵を渡した。


ハウ「ザオボーさん カギありがとうー」


ヨウ「とりあえず、先行こ」

グラジオは鍵を開けて、奥へと進んでいった。

2時32分 エーテル外周


ハウ「わースカル団がいっぱいいるよー!」

東海道「エーテルにスカル…対立を見せかけてたんか…」


ハウ「それってーマッチポンプって言うんだよねー?」

東海道「まあなw」

3人はスカル団の連中を倒しながら、グラジオのもとへと向かった。

東海道「おい、グラジオ!」

グラジオ「クッ…負けた…」


ヨウ「グズマ…」

グズマ「!!………生みの親に逆らうなんて親不孝にもほどがあるわ!次はお前よ!お前らが煙たいのは振り払ってもまとわりつくからだ!火元から消さないとな!」→グソクムシャを繰り出す


ヨウ「はっ!ドデカバシ!出てきて!」


ハウ「………Zz……」←眠気に耐えられず、寝てしまう

東海道「……Zz…」←眠気に耐えられず

グラジオ「ハウと東海道さん…寝ている?」

 



ヨウ「さあ、翼を撃て!」

グソクムシャ「ぎゃあああああああああああ…」→倒れる

グズマ「グズマァ!! なにやってるんだああ!!」

ヨウはハウと東海道さんが寝ていることに気がつき、起こしに来る。


ヨウ「ん?おじさん、ハウ君、こんなとこで寝たらアカンで?!」


ハウ「ん…」

東海道「ん……ああ、ヨウ君…ごめんな…」

グズマ「しょうがねえなあ……通りな!」

4人はついに代表が住む家に潜入に成功した。

次のページ→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.