ヨウ君とハウ君、東京まで普通列車で行く(その1)

中津川駅

8月上旬、広島から帰ってきて1週間後、ヨウ君とハウ君と東海道くんの3人は東京へ行くことになった。

準備は前日に全て終えた。

5時00分

東海道「起きろ!」


ヨウ「ん…」


ハウ「ん…」

東海道「おはよ。朝食食べよ」

3人は朝食を食べた。


ヨウ「おじさん」

東海道「ん?」


ヨウ「今回は広島とは逆方向なんだよね?」

東海道「そうそう。だが今回は名古屋駅で中央本線に乗って山側通って、東京行こうかと思ってる。帰りは東海道本線で一気に帰ろうかと思ってる。」


ハウ「へー。面白そー」

東海道「ただし、名古屋駅10時25分発の快速に乗り遅れたら、そのまま東海道本線使って東京行くことになるけど」


ヨウ「どうして?」

東海道「中央本線の中津川駅で、塩尻駅まで行く列車に乗り換えるんやけど、それの運転本数が極端に少なくて、大体2時間に1本くらいで少ないんや。うまく接続する10時25分発のに乗れば間に合う。そういうこと」


ヨウ「なるほど。2時間に1本だとうまく接続できる列車を探さないとダメなんだ」


ハウ「すごい田舎なんだろーねーw」

東海道「その区間は山の中やし、標高900mあたりを通ってるから」


ヨウ「ラナキラマウンテンより高い山wwww」

東海道「但し、今の時期は雪はない」


ハウ「なーんだw」

東海道「出発の準備しよ」

3人は出発の準備をした。

東海道「これ、2リットルのスポーツドリンクな。ヨウ君とハウ君の分な」


ヨウ「ありがとう!準備できた!」


ハウ「おれもー!」

東海道「ほな行こか」

3人は出発し、駅へ

東海道「高槻駅で降りるよ」


ヨウ「タカツキね」

高槻駅


ハウ「あらよっと!」

東海道「1番線行くで」

高槻駅駅名標


ヨウ「次はどこで降りる?」

東海道「米原駅や」

♪~

アナウンス「まもなく1番のりばに新快速、京都方面米原行きが12両でまいります。危ないですから、黄色い点字ブロックまでお下がりください。」


ヨウ「頼もしい新快速w」

高槻駅

ロープが上がります。

♪~♪~♪~


ハウ「広島行ったときの新快速じゃないねー」


ヨウ「223系だな」

高槻駅に停車中の新快速から東京方面を見る


ハウ「米原までどれ位かかるかなー」

東海道「70分」


ヨウ「まあ、こういう風景を見てたらあっという間だしw」

高槻駅を出発し、米原まで乗ることに


ハウ「やっぱりはやいなー」


ヨウ「お、あっちにはなんか茶色の電車と新幹線が走ってる」

東海道「あれは阪急や。多分次の次にある山崎駅で並走するんじゃないかな…」

山崎駅通過後


ヨウ「阪急と並走してるw」


ヨウ「あーでも、抜かされた…」

東海道「阪急は115km/hで通過できるけど、JR側は100km/h制限があるから、しゃあない。」


ハウ「よくみたら、はんきゅうって新幹線と同じレール幅だねー」

東海道「うん。そっちの方が高速度で安定しているから」

3人が乗った新快速は京都、山科、大津、石山、南草津、草津、守山、野洲と停車した。


ヨウ「ついになにもなくなった」


ハウ「さっきよりスピード出してるねー」


ヨウ「この日頃のストレスもぶっ飛ぶ爽快感w」

近江八幡、能登川、彦根と停車し…

車掌「次は終点米原、終点米原です。」


ヨウ「お、やっと米原」

東海道「そろそろ降りる準備しよ」

米原駅 新幹線合流付近


ハウ「あー新幹線だー」


ヨウ「スピード遅いから、多分停車するんかな?」

東海道「うん」

米原駅

3人が乗った新快速は米原駅に到着した。


ハウ「あらよっと!」

東海道「隣に止まっている大垣行きに乗るで」


ヨウ「オオガキね」

311系


ハウ「オレンジ色してるー」

3人は311系に入った。


ヨウ「すごい人w」

東海道「1時間に2本しかないから、この時期は結構混む」


ハウ「大体どれ位時間かかるんだろー?」

東海道「30分」


ヨウ「短いw」

東海道「大垣でまた新快速に乗って名古屋で降りるで」


ハウ「うんー」

3人が乗った大垣行きが出発した。

車掌「今日も、JR東海をご利用くださいましてありがとうございます。」


ヨウ「JR東海?」

東海道「ここからJR東海管内や」


ハウ「へー」


ヨウ「どこで降りるんだっけ?」

東海道「終点大垣や」


ヨウ「終点で降りればいいんだね」

関ヶ原→垂井駅間

3人が乗った大垣行きが終点大垣駅に到着する前…


ヨウ「もう大垣。はやいなー」

大垣駅到着…


ハウ「あらよっと!」

大垣駅

東海道「それじゃあ、あっちのホーム行こ」

3人は階段を上り、5番線へ…

大垣駅5番線


ヨウ「名古屋で降りるんだよね?」

東海道「うん」

3人は新快速豊橋行きに乗った。


ヨウ「ここも眺めいいなー」


ハウ「なごやまでどれくらいだっけー?」

東海道「30分」


ヨウ「そんな時間かからないんだ」

東海道「大阪と名古屋なら距離的にも日帰りできるし」

3人が乗った新快速が岐阜駅に到着した。


ヨウ「いっぱい乗ってくるw」

東海道「窮屈やけど、大丈夫やな」


ヨウ「俺は大丈夫だよ」


ハウ「おれもー」

木曽川→尾張一宮駅間、名鉄との並走区間…


ヨウ「あれは?」

東海道「あれは名古屋鉄道、略して名鉄」


ハウ「へー。阪急みたいだねー」

尾張一宮駅出発後

車掌「次は名古屋、名古屋です。」


ヨウ「そろそろ降りる準備しないと」

東海道「そう焦らんでも、尾張一宮から名古屋までだいぶ距離あるから」


ハウ「なら、ゆっくりしても大丈夫だねー」

枇杷島駅通過後

東海道「枇杷島通過したら次名古屋やから、降りる準備しよ」


ヨウ「うん」

3人が乗った新快速が名古屋駅に到着…

名古屋駅

名古屋駅駅名標


ハウ「あらよっと!」

名古屋駅


ヨウ「早く着いたねw」


ハウ「なごやも大都会だねー」


ヨウ「うんw」

名古屋駅2番線


ハウ「このレールなんで茶色なんだろー?」


ヨウ「使っていないとか」

東海道「今工事の関係で2番線は使用していないみたい」


ハウ「何の工事かなー?」

東海道「リニアモーターカーや」


ヨウ「へーこっちの世界ではまだリニアモーターカーは建設中なんだ」

東海道「中央新幹線いうて、9年後には開通する予定」


ヨウ「まだまだ先の話やんw」

東海道「まあなwあ、ちょっと早く着いたけど、中央線ホーム行こか」


ヨウ「そうだね」

ヨウ君とハウ君は東海道くんの後をついて、中央線ホームへ

中央線名古屋駅中津川行き

名古屋駅駅名標


ヨウ「それにしても暑いw」

東海道「出発前に2リットルのスポーツドリンク渡したやろ」


ヨウ「そうだったねw」


ハウ「暑いから飲み物飲もー」

♪~

アナウンス「まもなく、7番線に当駅止まりの電車が到着します。黄色い線までお下がりください。」

アナウンス「この電車は折り返し、快速、中津川行きとなります。」

中津川行きが名古屋駅に到着

東海道「きたよ」


ヨウ「中津川…終点まで乗るんだね?」

東海道「うん」

211系中津川行き名古屋駅塩尻方面の風景


ハウ「先頭はボロいねー」


ヨウ「でも座ったまま景色楽しめるからまだいい」

3人が乗った快速中津川行きが出発した。


ハウ「名古屋も都会だなー」


ヨウ「名古屋もヤマブキ超えてるw」

東海道「あまりキョロキョロすんなよw」

金山駅出発後

金山→鶴舞駅間


ハウ「青空のコントラストが最高だねー」


ヨウ「うんうんw」

千種駅

高蔵寺駅

3人が乗った快速が高蔵寺駅到着した。

東海道「ここで通過待ちのため停車するみたい」


ヨウ「何が通過するんだろうw」

東海道「降りる?」


ハウ「いいねー」

東海道「その列車が通過したら車内に戻るよ」

高蔵寺駅駅名標


ハウ「なにが通過するんだろー」

しなの9号通過中

ゴオオオオオオ…


ヨウ「特急かな?」

東海道「そうそう。しなの9号」


ハウ「早く戻ろー」

東海道「あ、そうだな」

3人は乗っていた快速に乗り、2分後出発した。


ヨウ「その、しなのは何処行くんだっけ?」

東海道「あれは塩尻から篠ノ井線通って篠ノ井駅で信越本線と合流して長野というとこまで行くわ」


ヨウ「ふむふむ」

東海道「さっき通過したしなの9号はかつては大阪駅まで乗り入れていたけど、需要があまりなくて廃止してしまった。」


ヨウ「へー」

高蔵寺駅を出発すると閑散としている。


ヨウ「もうこれ山の中だw」


ハウ「トンネルおおいなー」

東海道「規制だらけのアローラとは違って、トンネルとかたくさんあるからな」

瑞浪駅出てすぐ

中津川駅

3人が乗った中津川行きは終点の中津川駅に到着した。。。

中津川駅駅名標


ヨウ「忘れ物ないな」

東海道「うん」


ハウ「あらよっと!」

中津川駅


ヨウ「あっちにもしなのが止まってるw」


ハウ「まつもと行きはいつ来るんだろー」

東海道「だいたい30分くらいかな…12時丁度発やから」


ヨウ「駅の外出てもいいかな?」

東海道「ああ、ええよ」

3人は改札の外へ


ヨウ「おねがいします」

駅員「はい、ありがとうございます。」

東海道「お願いしますね」→2枚

駅員「はい、ありがとうございます。」

3人は駅の外へ…

中津川駅駅舎


ヨウ「それにしても暑いw」

東海道「それでも若干は涼しいみたい」


ヨウ「この付近に食べ物や飲み物売ってるお店ってないかな?」

東海道「改札にあったやろ」


ヨウ「そこでなんか買お」

3人は駅に戻った。

中津川駅運賃表


ヨウ「塩尻より向こうは緑色している?」

東海道「うん。だってあっちは緑色やからw」


ハウ「?」

東海道「コンビニはあっちにある」

3人は駅併設のベルマートで飲み物とお菓子を買うことに


ヨウ「美味しそうなお菓子w」


ハウ「おれはーこれとーこれとーこれとー…」

東海道「ハウ君…」


ハウ「だいじょーぶw」


ヨウ「俺はこれとこれだけでいい」

会計はヨウとハウ、東海道くんと分けた

店員「1,143円です。」


ヨウ「はい」→1,153円を渡す

店員「10円のお返しです。ありがとうございました!」

店員「644円です。」

東海道「すいません、1,000円で」→1,000円を渡す

店員「356円のお返しです。ありがとうございました!」


ヨウ「時間は大丈夫?」

東海道「と言ってもまだやで。まだ10分も経ってない」


ハウ「ねーねーあっちの待合室、涼しいよー」


ヨウ「そこ、いいね」

3人は待合室へ…


ハウ「あーすずしー」


ヨウ「快適w」

東海道「11時35分になったら、改札行こ」

11時35分

東海道「行こ」


ヨウ「うん」

3人は待合室の外に出る


ハウ「あつーいw」


ヨウ「うんw」

3人は有人改札を通る。


ヨウ「おねがいします」

駅員「はい、ありがとうございます。」

東海道「お願いしますね」→2枚

駅員「はい、ありがとうございます。」


ハウ「まつもと行きはどこに止まるんだろー?」

東海道「さっき降りたとこ」


ヨウ「おじさん、まだトイレ休憩まだだったよね?俺なんかもれそうで…」

東海道「あ、そういや、そうやったな」

ということで3人はトイレへ。2分後出てきた


ヨウ「スッキリしたw」

東海道「それじゃあ、2番線行こか」

2番線で待っていると…

アナウンス「この電車は折り返し12時丁度発、普通列車、松本行きとなります。」


ハウ「きたー」

中津川駅


ヨウ「これは松本まで行くけど塩尻で降りないとダメなんだよね?」

東海道「うん」


ハウ「ドアボタン押すよー」

3人は車内へ

東海道「誰もおらんわ」


ヨウ「また中津川行きが来たらいっぱい乗ってきそうw」

東海道「それもあるから、座っておいた方がええわ」

東海道くんは3人が座るシートの向きを変えた

東海道「ここならええやろ」


ヨウ「うんw」

11時45分、中津川止まりの快速が到着し、乗換客が松本行きに押し寄せた。

他の乗客「座りますね…」


ハウ「いいよー」

運転士「この電車は12時丁度発、普通列車松本行きです。」


ヨウ「みんな俺達と同じで東京行くのかな?」

東海道「いや、今の時期はどっちかというとハイキングに出かける人とか多いからちゃうかな…?」


ヨウ「なるほど」

12時00分、3人が乗った松本行きが出発した。

ピポパポー♪

アナウンス「この電車は松本行き、ワンマン列車です。次は落合川です。」


ハウ「しおじりまでどれくらいかなー」

東海道「大体110分。距離あるからな」


ヨウ「もしこれに乗り遅れたらどうなる?」

東海道「どうなるって、14時25分発のに乗らなアカンから、到着が23時を回ってしまうわ」


ハウ「それは大変だーw」

南木曽駅に到着


ヨウ「たくさん降りていったけど、まだ混んでる」


ハウ「2時間に1本しかないと混むもんねー」

東海道「まあ、時期が時期やし」

南木曽→十二兼移動中…

木曽川


ヨウ「川にはでっかい岩がゴロゴロあるw」

東海道「ここは上流やから、山から転がってきた岩がいっぱいあるからな」


ハウ「これって、なんて言う川なんだろー?」

東海道「多分、木曽川やと思う。岐阜駅出てしばらくしたら横断した川があったやろ?あれも木曽川で繋がっている。」


ヨウ「なるほど。下流の川は何度も見たことあったけど、上流の川がああなっているのは初めて見たw」

東海道「ちょっとした勉強にはなったかもw」

十二兼駅に到着


ヨウ「あれは貨物だけど、丸いのがいくつも連なっているw」

東海道「トンネルだらけで道路を使ってガソリンを運べないから、生活に必要なガソリンはこの辺では鉄道輸送が重宝されている。」


ハウ「なるほどー」

ガチャン!!!


ヨウ「!!」


ハウ「動き出しただけだよー」


ヨウ「いや、分かってるwそれはw」

その後、野尻・大桑・須原・倉本と停車していった。

贄川駅付近


ヨウ「それにしても、このあたりは自然が残っているんだ」

東海道「まあな。開発するにはちょっと無理なとこやし」


ハウ「そーでんせんがいっぱいあるー」

東海道「あれは水力発電のやな。この辺は水力発電にもってこいの場所やし」

アナウンス「次は、上松、上松です。」

東海道「上松?」


ヨウ「おじさん、どうしたん?」

東海道「この前の名古屋場所で優勝した御嶽海の出身地やから、ちょっとw」


ハウ「へー。みたけうみというお相撲さんはあげまつから来たんだー」


ヨウ「まさか、それを狙ってここを通るルートにしたん?」

東海道「いや、そのつもりはなかったw」


ハウ「なーんだw」


ヨウ「あの木曽川のゴロゴロとした岩でトレーニングしてたとか」

東海道「いや、それは無いと思うw」

しばらく、相撲の話が続いた。

洗馬駅出発後…

アナウンス「次は塩尻、塩尻です」


ヨウ「塩尻だって」

東海道「そろそろ降りる準備しようか」

3人が乗った松本行きは塩尻駅に到着した

塩尻駅

塩尻駅駅名標


ハウ「あらよっと!」

松本行き


ヨウ「次はどれに乗るん?」

東海道「まだ時間あるから、一旦改札の外に出ようか」

塩尻駅改札口へ…


ヨウ「おねがいします」

駅員「はい、ありがとうございます。」

東海道「お願いしますね」→2枚

駅員「はい、ありがとうございます。」

塩尻駅改札口

東海道「それにしても、東京から遠く離れたこんなとこでもIC乗車券使えるんやな…」


ヨウ「え?」

東海道「実は東京にある新宿駅から出ている特急が何本も通ってて、IC乗車券で乗る人が多いかららしいが」


ヨウ「なるほど」

東海道「そのせいかここも立派な東京近郊区間という扱いでよう考えたら、あんな距離で有効期限が当日限りで途中下車できないと思うとすごいなと思って」


ヨウ「え…」

東海道「乗る駅によっては300kmを超えることだってあるし、その間途中下車できないと思うと…」


ヨウ「300km…」

東海道「その区間が松本駅まで拡大したとき、地元民や途中下車民は困惑していたけど、まあ、例えば塩尻駅一駅前の洗馬駅みたいな区間外までのきっぷを買えば従来通り途中下車できるし、青春18きっぷは乗り放題やから、何度も途中下車できるから、改札の外出ても大丈夫だしねw」


ヨウ「青春18きっぷの頼もしさが改めて感じたw」


ハウ「次はどれに乗るんだろー」

東海道「43分発の塩山行き乗って、甲府駅で降りるで」


ヨウ「なんか、お腹空いてきた…」

東海道「乗り換え待ち50分あったら、食事できそう。あっちにお蕎麦屋さんがあるから、そこで食べようか」

3人は待合室にある立ち食いそばへ

東海道「この辺のそばは信州蕎麦という。」


ヨウ「シンシュウ?」

東海道「長野の別名や」


ハウ「地域によって呼び方が違うのー?」

東海道「呼び方もそうやし、製法も微妙に違っていたりする」


ヨウ「そばも奥が深いんだ」

3人はそばを注文するため、食券を買った。

東海道「ぼくは山葵入りのにして」


ヨウ「俺はかき揚げそば」


ハウ「おれもー」

3人はカウンターに行き、食券を渡した。

30秒後…

店員「お待たせしました^^」


ヨウ「あ、なんか懐かしい…」

3人は早速そばに食いついた


ヨウと東海道「いただきまーす!」


ハウ「おいしー」


ヨウ「かき揚げと出汁の利いた汁がおいしい」

東海道「うんうん」

3人は10分ほどで食べ終わった。


ヨウ「おいしかったーごちそうさん!」

東海道「ごちそうさんです」

店員「はーいありがとう^^」

東海道「まだ時間あるで…」


ハウ「塩尻駅の駅舎がみたいなー」

東海道「そうしよ」

3人は塩尻駅の駅舎を見るため、外へ…

塩尻駅


ヨウ「外でも涼しい」


ハウ「なんでだろー」

東海道「中津川より標高高いからやろうな。この辺は700mとかザラやし」


ヨウ「そっか、中津川からここまでの間に900mとかあったからね」

東海道「さて、駅へ戻ろうか」

3人は駅に戻った。

東海道「まだ15分ある…」


ハウ「他に見るものとかあったー?」

東海道「あれがあるわ。改札内に」


ヨウ「なにそれ?」

東海道「改札の中にはいるで」


ヨウ「おねがいします」

駅員「はい、ありがとうございます。」

東海道「お願いしますね」→2枚

駅員「はい、ありがとうございます。」


ハウ「その見所ってどこだろー?」

東海道「3番、4番線にあるわ」

3人は3番、4番線へ


ヨウ「休憩所?」

東海道「いや、長野といえばワインの名産地でその材料となる葡萄を栽培しているんや」

塩尻駅にあるブドウ棚


ハウ「へー。こんなところで育ててるんだー」


ヨウ「実がなんとなくアレに似ているw」

東海道「言わんでもワカルデ」

ガチャン!!!←ガソリンを積んだ貨物列車が東京方面に向かって動き始めた


ヨウ「!!」


ハウ「貨物列車が動き出しただけだよーw」


ヨウ「あの音心臓に悪い」

東海道「さて、あの端っこのホームへ行くで」


ヨウ「あと5分だもんね」

3人は1番線へ


ハウ「次はどこで降りるんだっけー?」

東海道「甲府駅で降りるで」

2分後

211系普通列車


ヨウ「きたきた」

211系が到着し、ドアが開いたので、3人は乗車


ハウ「この中の方がもっと涼しー」


ヨウ「甲府は何かあるんかな?」

東海道「甲府は乗換短いからそのまま立川行きに乗るで」


ハウ「ちゃくちゃくと東京に近づいているよねー?」

東海道「うん。残りの乗換回数は2回ある。」


ヨウ「あと2回かー」

3人が乗った塩山行きのドアが閉まり、出発した…

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください