【電気使用量】節電の夏【減らす】

今日は暑かったですね。
だけど、今年は節電なので、この程度ではエアコンは入れませんよね。
ボクは扇風機と窓から入ってくる風だけですが、来月にはエアコンを動かす予定だ。
勿論エアコンの温度設定は28℃に設定(猛暑の場合は29℃)する。
さて、ちょっと意外な節電方法があるよ。
その名は「大回り乗車」
大回り乗車とは、大都市近郊区間内で最短経路を通らずに目的地に向かう手段。
外出時間を長くすると、電気の使用量は安く抑えられるだろう。勿論、鉄道車両の中は冷房が効いているので(弱冷になっているかもしれない)、熱中症対策にもなると思う。
たとえば東京~神田を本来であれば中央・山手・京浜東北線を通るだけだが、大回りの場合、東京→茅ヶ崎(東海道線→相模線)→橋本(相模線→横浜線)→八王子(横浜線→中央快速線)→神田などのルートを通る。
これにかかる運賃は130円(降車駅により異なる)なので、4人家族で大回り乗車をした場合、わずか520円(往復で1,040円)で済みます。
これは大阪、新潟、福岡近郊でも同様。
但し、運賃は各地で異なる。大阪近郊区間は最安120円。新潟、福岡近郊区間は最安140円となっている。
また、名古屋は大都市近郊区間には入っていないので、大回り乗車はできません。やってみたい方は自己責任でやってください。
そのせいできっぷが没収されたり、増運賃を請求されても、筆者は一切責任を負いません。
たとえば大阪の場合、大阪~塚本を本来であればJR神戸線を通るだけだが、大回りの場合、大阪→山科(東海道線→湖西線)→米原(北陸線→東海道線)→草津(北陸線→草津線)→柘植(関西本線→大和路線)→加茂→王寺(大和路線→和歌山線)→和歌山(和歌山線→阪和線)→天王寺(阪和線→大阪環状線(内回り))→京橋(大阪環状線→JR東西線)→尼崎(JR東西線→東海道線)→塚本などのルートを通る。
また、注意点がいくつかある。

  1. 一度通った駅を重複してはいけない。
  2. 定期券は不可
  3. 途中下車不可
  4. 車内検札の際は「大回りです」と言う必要がある(IC乗車券は除く)
  5. 大都市近郊区間から出てはいけない
  6. マルス端末(みどりの窓口で発行されたもの)で発行されたものは不可

などが主に挙げられる。
また、重複しない限り、自由席特急券などがあれば特急列車に乗る事ができる。
あなたも、大回り乗車で節電をしてみませんか?

4 Replies to “【電気使用量】節電の夏【減らす】”

  1. 質問!!
    上野から浜松町まで行くのに通常ならば山手線を使っていきたいけど大回り乗車をしていく方法はある?
    そういえば電車の中は冷房が強い理由知ってる?

  2. 上野から浜松町(及びその逆方向)の場合、宇都宮線大宮駅→川越線高麗川駅→八高線八王子駅→横浜線東神奈川駅→京浜東北線浜松町駅というルートを通ります。
    運賃は160円です。
    むしろ、上野から御徒町の方が長距離でいいと思います。
    ルートは上野から浜松町と同じだが、運賃は130円で済む。
    30円違いでも、往復すれば60円も差が出てくる。
    冷房が強いのは、開閉で冷房が出て行ってしまう事と、冷房の効きには個人差があるためです。
    因みに、ここでは関係ないけど、現在の認証コードの由来はスーパーコンピュータの「京」が世界一の計算能力と認定されたことから。

  3. そこにあるんだね。
    ボクが行った時は浜松で一旦降りたけど、浜松町はそのままスルーしたしw
    ※東海道線だったので。

お知らせ

2014年以前の投稿のコメント欄は閉鎖させていただきました。
投稿についてのお問い合わせはこちらからお願いいたします。