開催中止のフラグなのか…

千駄ヶ谷駅近くにある国立競技場
千駄ヶ谷駅近くにある国立競技場(なお、オリンピック・パラリンピック期間中は「オリンピックスタジアム」という名称となる。)

未だ猛威を振るう新型コロナウイルス。日本も例外ではなく、連日数百人の感染者が確認されている。各国はワクチン開発を進めているが、どうなんでしょうね…

2021年に延期された東京オリンピック・パラリンピック。すでに開催が危ういという声は多い。

最近、東京オリンピックのスポンサー企業にも変化が出てきたと思う。東京オリンピック・パラリンピックのスポンサー企業には東京オリンピックと東京パラリンピックのエンブレムが付いている。ここ最近それらの企業にもかかわらず、今までそれが付いていた製品が、最近になってそれがついていないものが増えてきたような気がする。

補足

東京オリンピック・パラリンピックのスポンサー契約に至っては1業種1社という規定があり(例外あり)、カテゴリーが重複しないよう、厳格な規定が設けられている。そのため、スポンサー契約をしている企業であってもカテゴリーが違っている場合はオリンピックやパラリンピックの商業的利用はできない。

ぼくの友人に聞いてみたところ、その友人が勤務する某東京2020のスポンサー企業も社内ではほぼ諦めムードが漂っているということは言ってました。

つまりは、東京オリンピック中止のフラグかもしれない。すでに協賛している企業がこの状況ではオリンピックやパラリンピックは無理だろうということなのだろう。

マラソンと競歩が札幌に変更されたように鶴の一声で変わる可能性もあるし、今後の動向が気になるところ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

軽量化のため、絵文字はそのままで表示されます。そのため、OSやブラウザによってはレイアウトが崩れたり、豆腐文字が表示するかもしれません。