ウラウラ島最初の試練の前に…

ナッシーバス内部
ナッシーバス内部

長編創作のため、設定崩壊、刺激的な内容を含みますので、苦手な方の閲覧はご遠慮ください。

ククイ博士「よぉ!待たせたなw」

???「相変わらず、熱いね!ロイヤルマスクくん!」

東海道「ア…なんやったっけ?」

ヨウ
ヨウ「俺もやらんうちに忘れたw」

ククイ博士と???「ヽ(・ω・)/ ズコー」

東海道「えっと……ア…なんとかやったな…ア…ア…ア………思い出したぞ!」

ヨウ
ヨウ「!」

東海道「(_´Д`) アイーン」←思い浮かばなかった

ヨウ
ヨウ「(_´Д`) アイーンw」←それがアローラの挨拶と思ってアイーンして噴き出すヨウ君

ククイ博士と???「ヽ(・ω・)/ ズコー」

ククイ博士「アローラだよ…こうやるの!」←挨拶の動きもする

ヨウ
ヨウ「ああ!」

東海道「すっかり忘れてた…改めて…」

ヨウ
ヨウと東海道「アローラ!!」

???「うん、アローラ!」

ヨウ
ヨウ「その方は誰ですか?」

ククイ博士「ヨウくん、×ウキさん(東海道の本名なので一部伏せ字)、彼はマーレインって言うんだ。」

ククイ博士「……えっと、この天文台の所長でもあり、ボックスの管理者なんだ!」

東海道「アローラ地方のはこの方が管理をなさってるんですか。お世話になっております。」

ヨウ
ヨウ「お、お世話になってますっ!…」

マーレイン「ヨウくんと×ウキさん(東海道くんの本名)だね、わざわざ来てくれてありがとう」

ヨウ
ヨウと東海道「うん」

マーレイン「ヨウ君が11歳で、×ウキさん(東海道くんの本名)が22歳ってことはヨウくんのお兄さん?」

ヨウ
ヨウ「違うよw俺はこの前、カントー地方から引っ越して来たけど、×ウキさん(東海道くんの本名)は大阪から形式上は引っ越してきた人だよ」←東海道くんの籍は島めぐりのために一時的にアローラに籍を置いているとか

マーレイン「へぇー(オーサカ…ってどこだっけ…?しかも形式上って…)」

東海道「よう兄弟と間違われますw」

ヨウ
ヨウ「うんw」

マーレイン「ま…まあ、試練に挑むだけの資格があるか確かめるから」

ヨウ
ヨウ「でも、俺とおじさんの二人で勝負になるけど?」

マーレイン「あ…今日は3体しか持ってきてないわwwww」

東海道「それでも構わん。ダブルでいいか?」

マーレイン「ああ、いいよw」

東海道「ヨウ君、全力でやるぞ!」

ヨウ
ヨウ「う、うん!」

マーレイン「出てこい!エアームド!ダグトリオ!」

東海道(小声で)「ヨウ君、ぼくは右方(エアームド)のポケモンを集中攻撃するから」

ヨウ
ヨウ(小声で)「わかった…」

東海道「出てきなさい!ビークイン!」

「(やぁ…)」

ヨウ
ヨウ「出ておいで!アシレーヌ!(初めて見た)」

アシレーヌ「きゅっきゅっ!」

ヨウ
ヨウ「アシレーヌはダグトリオに熱湯!」→効果抜群!

東海道「ビークインは防御指令!」→防御・特防を上げた

マーレイン「エアームドは左方(ビークイン)にメタルクロー!ダグトリオは右方(アシレーヌ)にふいうち!」

マーレイン「いいね!二人とも!」

東海道「まだまだいけるで!!!なあ!ヨウ君!」←勝負となると熱くなる

ヨウ
ヨウ「うん!」←勝負となると熱くなる

東海道「ビークインは右方(エアームド)にパワージェム!」

ヨウ
ヨウ「アシレーヌはダグトリオに泡沫のアリア!」→効果抜群!ダグトリオを倒す

「(うぐっ)」←泡沫のアリアの巻き添え

ヨウ
ヨウ「あ…(おじさんのビークイン巻込んでしまったw)」

東海道「よし!」

マーレイン「次は!メタング!!」

「(さあ、かかってこい!)」

東海道「ビークインは怪しい光!」

「(゚∀。)」

東海道「さあ、ヨウ君!」

「(゚∀。)」→ボコッ(自分で攻撃する)

ヨウ
ヨウ「うん!アシレーヌは熱湯!」

その頃ハウ君は…

マラサダ

ハウ君
ハウ「マラサダ12個目ー!」

ハウ君
ハウ「はかせ、おそいなーwwww」

戻る

「(゚∀。)」→倒れる

東海道「よし!」

マーレイン「なるほど、キャプテンの試練に挑む資格あるね」

ヨウ
ヨウと東海道「ありがとうございます!」

ククイ博士「この二人は島巡りをしていたときのぼくらより強いと思う!あとぼくはククイであってロイヤルマスクじゃないから!」

ヨウ
ヨウ(東海道くんの耳元に向かって)「とか言ってるけど、本当は」

東海道「うん。言わんでも分かるwww」

ククイ博士「何か言った?」

ヨウ
ヨウ「いや、なんでも…」

東海道「そんなことよりもハウ君おらんな…」

ヨウ
ヨウ「うん、すれ違ってもないしw」

ククイ博士「ハウくんはまだマリエのマラサダショップにいて、そろそろを案内しないとね」→足早にホクラニ岳を降りていく

ヨウ
ヨウと東海道「サヨナラ!!」

ククイ博士「またいつか!」

ヨウ
ヨウ「おじさん、ここにポケモンセンターがあるから、ゆっくり休もうよ!」

東海道「うん、それから試練受けような。」

続く

おまけ→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください