ヨウ君、ロトム図鑑のある機能を初めて知る

ヨウと東海道くんとアセロラの三人はカプの村にあるエーテルハウスに戻った。


ヨウ「ただいまー!ヤングース取り戻してきたわ!」

ヤングース「きゅう!」

しかし、ハウの様子がおかしい…

東海道「ハウ君、何かあったん?」

ハウ君
ハウ「リーリエ いなくなっちゃったー」


ヨウ「え…」

二人は事情を聞く…


ヨウ「おいおい、ハウくん、俺と同じトレーナーやろ?トレーナーやない、リーリエくらい守れよ。そんくらい」

ハウ君
ハウ「うぅ…」

ドンッ!→グラジオ乱入

東海道「グラジオやん。こんな時にどないしたん…」

グラジオ「ふんっ!そういうことか…」


ヨウ「?」

グラジオ「おまえらが頼りないからコスモッグもリーリエも…!」


ヨウ「オマエモナー」←煽る

東海道「おい、ヨウ君…」

グラジオ「……チッ…」

東海道「これは勝負せんと収まらんやつや…」


ヨウ「ここは…俺とおじさんで」

ヨウと東海道くんはタッグを組んで、あっけなく勝利w

グラジオ「ふんっ…」


ヨウ「バンバドロ、ようやった!」

グラジオ「無意味な勝負に付き合わせて悪かったな…俺にも責任がある」

東海道「いずれにしても、ほしぐもを取り戻せなアカンのやろ?」

グラジオ「コスモッグ…?」


ヨウ「それは直ちに影響はないんやろ?」

グラジオ「まあな…1週間くらいは…」

東海道「なら、ゆっくり行こ。徒歩でマリエまで」

グラジオ「……」


ヨウ「おじさん、途中にポケモンの撮影スポットがあったはずやから、そこ寄ろうよ」

東海道「ああ、そうしよ。そこを1時間くらい時間潰すのであれば…今から出発すれば…20時頃には着くと思うわ」


ヨウ「それじゃ、そうしよ」

二人は準備をして、エーテルハウスを出た。

次のページ→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.