ヨウ君、路面電車で大興奮

嵐電天神川駅付近

嵯峨観光…といっても、渡月橋と嵐山を見たヨウとハウは次の目的地へと向かうため、嵐電の嵐山駅まで行くことに


ヨウ「おお、立派な駅舎…」

東海道「観光地やからな。それくらいやらんと」


ハウ「なんか、おたべとか色々あるー」


ヨウ「ここでしか買えないお土産とかあるよね?」

東海道「うん。買ってきたら?」

《ヨウとハウはお土産を買うことに》


ハウ「どれにしよー?」


ヨウ「これとこれと…」

4分後


ヨウ「買ってきたよ」


ハウ「おたべにこの輪っかの形をした面白いお菓子があったからそれも買ったよーw」


ヨウ「それって、バウムクーヘンのこと?」


ハウ「バウムクーヘンっていうんだーw」

東海道「ハウ君、知らんかったんwまあ、ええと思うで」

《駅構内へと入り、きっぷを買うことに…》

東海道「大人1人と子ども2人…っと」

《3人分のきっぷが出てくる》

東海道「これな」


ヨウ「ありがとう」


ハウ「あ、足湯ってなにー?」

東海道「足だけ浸かる温泉のこと」


ハウ「きもちよさそーだから、入りたいなー」


ヨウ「俺も入りたいw」

東海道「えっと…あっちやな」

《嵐山駅駅事務所》

東海道「すみません、あの…足湯3人…」

駅員「600円になります」

《支払いを終える》

東海道「これな、上がったときに使うタオルや」


ヨウ「これって、持って帰ってもいいのかな?」

東海道「えっと…」

駅員「こちらのタオルはお持ち帰りになってもいいですよ」


ヨウ「あ、ありがとうございます!」

東海道「ありがとうございます…」

《嵐山駅の足湯》

東海道「誰もおらんな…まず、足をあっちのシャワーで軽く洗ってから、入るように」


ヨウ「わかった」


ハウ「シャワー冷たいーw」

《3人はシャワーで足を洗ってから、足湯に浸かった》


ヨウ「あー…」


ハウ「きもちいいーw」

東海道「うんうんw」


ヨウ「ちょうどよい温かさがいい」

東海道「ここ利用すんの8年ぶりやけど、すっかりここの足湯も印象変わったな…」


ヨウ「おじさんには久々だったんだw」

東海道「まあ、ヨウ君とハウ君と一緒に入れてよかったわw」


ハウ「ねー」


ヨウ「落ち着いた風景が俺としては良かったなー」

 

《入ること15分…》

 

東海道「もうええやろ?」


ヨウ「うんw」


ハウ「おれもー」

東海道「じゃあ、このタオルで拭き」


ヨウ「記念に持って帰ろ」


ハウ「うんー」

《3人は停車していた車両に乗った》

東海道「途中から道路に入るわ」


ハウ「へー。そんなのあるんだー」

東海道「ド迫力の光景が途中からくるで」


ヨウ「電車が道路を走る…ワクワク!」←カントー地方という都会育ちなのか、路面電車にワクワクしている。

《嵐電嵐山駅出発》


ハウ「混んでるね…」

東海道「まあな。以前来たときよりもめっちゃ混んどるわ」


ハウ「なんか、めっちゃ力強い音してて、こっちもワクワクするよねー」←吊り掛け

東海道「うんうん」

 

車折神社駅


ヨウ「……」


ハウ「駅員さんいないねー」

東海道「無人駅ってやつや。せやから、運転士さんがやってるんや」


ヨウ「まだかなまだかな…」

東海道「あ……(ヨウ君…かわええわ…路面電車乗るの生まれて初めてなんやろな…)」

帷子ノ辻駅付近


ハウ「1両だけだとかわいいねー」

東海道「トコトコトコと走る姿はええよ」

《帷子ノ辻駅に停車》

帷子ノ辻駅


ハウ「たくさん降りたねー。何があるんだろー?」

東海道「さあwでも、あっちに止まってるのは昔映画の撮影所があって、時代劇のセットが丸々置いてあるわ」


ハウ「へぇー。いこーよー」

東海道「ゴメン、予算の関係で無理…」


ハウ「なんだー…(おれたち、入場料払ってるからー別にいいだろー?ケチ!)」


ヨウ「二人でなにやってんだ…?w」

《帷子ノ辻駅を出発して太秦広隆寺駅付近…》

太秦広隆寺駅付近


ヨウ「路面走るかと思ったら踏切……」

東海道「うん。次の駅からや」

《蚕ノ社駅→嵐電天神川駅》

嵐電天神川駅付近


ヨウ「わー本当に、道路走ってる!」

東海道「ヨウ君、静かに!」


ハウ「車よりも、路面電車の方が見晴らしいいなー」

東海道「うんうん」

《嵐電天神川駅出発後》


ヨウ「え…たったこれだけ…?」

東海道「いや、まだある。」

嵐電天神川~山ノ内


ハウ「ヨウー、また道路だよー」


ヨウ「わー」

東海道「こらこら、静かに」

嵐電天神川~山ノ内


ヨウ「ほんとうに走ってる!…」


ハウ「ヨウの兄ちゃんー、信号一度も引っかかってないよねー?」

東海道「ああ、信号機と連動させてるんや」


ハウ「すごーいw」

《山ノ内駅》

山ノ内駅付近


ヨウ「あっちにもきた」

東海道「ふふっw(ヨウ君めっちゃかわええ…)」


ハウ「この駅のホーム、すごい狭いねー」

東海道「道路上にある都合上、しゃあない」


ヨウ「道路を走って…道路にも駅があって、最高だよ」


ハウ「ねー」

《山ノ内駅を出発してしばらくすると…》

山ノ内→西大路三条


ハウ「信号で止まったねー」


ヨウ「……」

《西大路三条駅出発直後》

西大路三条駅付近


ハウ「ここでも信号待ちかー」

東海道「あの信号に黄色の矢印が出たら、出発できる」


ヨウ「……」

西大路三条駅付近


ハウ「ほんとだー黄色の矢印だー」

東海道「道路を走るのはここまでや」


ヨウ「いいの見せてくれてありがとう」

東海道「うむ」

《西院駅》

西院駅


ヨウ「みんな降りてる?」

東海道「阪急と連絡してるからな。この次で降りるで」


ヨウ「道路を走る電車って初めてだったから、興奮しすぎてゴメンね」

東海道「ええよ、それくらいw」


ハウ「おれも、すごいと思ったよー」

《四条大宮駅付近》

四条大宮駅付近

東海道「忘れ物ないな」


ハウ「ないよー」

《四条大宮駅に到着する》


ハウ「あらよっと!」

四条大宮駅


ヨウ「次はどうするの?」

東海道「向かい側に阪急大宮駅があるから、それに乗り換えるで」


ハウ「ここにも阪急の駅があるんだねー」

《四条大宮駅を出た3人は阪急大宮駅へと向かったのであった》

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください