【ポケモンSM】ヨウ君、陸続きのアローラ地方に興味を示す

長編創作のため、設定崩壊、刺激的な内容を含みますので、苦手な方の閲覧はご遠慮ください。

二人はリザードンに乗って、ハウオリシティに降り立った。

東海道「ヨウ君、右側通行には慣れてきたの?」

ヨウ
ヨウ「まだまだだな」

アローラ地方の信号機
アローラ地方の信号機

ヨウ
ヨウ「この信号機を見ると帰ってきたって感じるw」

東海道「あれか。信号機の上についてるのはアローラ地方の言葉?(それにしても『時差信号』ってw大阪かよw)」←アローラ地方の言葉を知らない

ヨウ
ヨウ「多分そうだと思うw」←アローラ地方の言葉を知らない

 

こうして、二人は見慣れたハウオリシティの町並みを歩いた。

東海道「ん?ビーチにキャモメがおる。ちょっと撮ってきてもいい?」

ヨウ
ヨウ「俺もそれ撮るよ」

ヨウ
ヨウ「聞き慣れたシャッター音w」

東海道「これでどうやろ?」

ヨウ
ヨウ「おお!真っ正面だ!やっぱりおじさんのカメラはすごいわー」

東海道「ヨウ君はどんなのが撮れたの?」

ヨウ
ヨウ「失敗…」→見せてくれる

東海道「ああ…まあ、『失敗は成功のもと』と言うし、ぼくだって最初の2ヶ月間はこんなもんやったけど?」

ヨウ
ヨウ「違う。おじさんのカメラが高性能だからだよ。このポケファインダーなんて連続撮影できないし、シャッターボタン押してから0.5秒くらいかかるから…」

東海道「確かにレリーズタイムラグが0.5秒もあると撮りたいものが撮れないというのはあるわな。(今時0.5秒って…)」

ヨウ
ヨウ「おじさんのカメラはどうなの?」

東海道「これ(EOS 7D mark II)は連続撮影はサーボAF使ってるときは1秒当たり9連写が3秒間、レリーズタイムラグは0.055秒だけど?」

ヨウ
ヨウ「ああ、さすが桁違いの性能…ククイ博士の技術はそんなものか…」

東海道「さて、そろそろ行こか」

ヨウ
ヨウ「そうだね。ママが心配してくる」

歩くこと10分

ヨウ
ヨウ「着いたー」

ヨウ君の家

ヨウ君
ヨウ「ママ、ただいま!」


ヨウママ「おかえり。ヨウ。」

東海道「おじゃまします…」


ヨウママ「いつもお世話になっております。東海道さん。」

「(ヨウ、待ってたニャー!)」

ヨウ君
ヨウ「ニャース!」

東海道「いえいえこの前、ヨウ君アーカラ島を制圧しました。」

ヨウ君
ヨウ「おじさん、それは言い過ぎw」

東海道「ニャース。」→ヨシヨシ

ヨウ君
ヨウ「今日はゆっくりして過ごそうぜ」→二人はヨウ君の部屋に入る。

次のページ→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.